義理の父・母の葬儀 香典の平均金額と包み方とは

長く生きる人生の中では残念ながら、人の死に向き合わなければいけない場面が何度か出てきます。そんな時にわからない事が出てくる事があります。

例えば、義理の父や義理の母が亡くなって葬儀が行なわれる事になった時にはどれくらいの金額を香典として包めば良いのか、迷ってしまうという人も少なくありません。

特に身内であるだけに香典に関してどういう包み方をしたらいいのか、香典の封筒にどんな言葉を書いておけば良いのかがわからないという人は意外と多いです。

こちらでは義理の父や母の葬儀の際の香典について詳しくお話していきます。また、香典の額は相手によって違うものですが、これはどういった基準で変わるものなのかという事についてもご紹介します。

義理の父・母の葬儀の時の香典の包み方

義理の父・母の葬儀の時に香典を包む場合、自分の親が亡くなった場合に包む金額と同じ相場の10万円を目安に考えると良いです。もし夫婦の連名で出す場合であっても10万円でかまいません。

ただ気持ちとして2人分という事で倍の20万円を出すのでも大丈夫です。これは夫婦のどちらかが喪主として葬儀を取り仕切っている場合や葬儀費用などの一部を負担している場合には香典という形で葬儀の時に出す必要はありません。

香典の包み方は中包みにお金を入れて裏側に金額と名前、住所などを書いておきます。この時には必ず筆もしくはペンで消えないように書いておきましょう。金額は読み間違えないようにするため、漢数字で書きます。使うお札は不祝儀のために使うので、新札ではないものを用意します。

香典の金額が変わる基準

香典 金額

香典の金額は自分と相手の関係がどんなものかという事によって変わります。祖父や祖母であれば目安は3万円から5万円となっており、5万円というのは自分の兄弟や義理の兄弟が亡くなった時の香典に包む金額の目安と同じくらいです。

義理の父・母とは配偶者の親ですから、自分の親と同じように考えるのが良いのです。基本的には4、9という数字の金額は包まないようにします。これは4(死)や9(苦)につながる数字として大変失礼な包み方になります。

ですから、身内だろうと友人・知人であろうと、包む金額については1、2、3、5、10というきりの良い数字の金額を包みます。友人や上司、職場の同僚の場合は5000円から1万円、その親御さんが亡くなった時は3000円から5000円が目安です。

香典の封筒にはどう書けばいいの?

香典の封筒の表に書く言葉は宗教によって違いますが、共通に使える言葉は「御霊前」です。この言葉が書いてある香典袋は葬儀はもちろん、お通夜の際にお渡しする場合にも使う事ができます。

蓮などの絵が描いてあるものではなく、シンプルな白のものを使う方が良いでしょう。蓮は仏教向けのものですから、他の宗教の場合には使えません。水引の下に薄墨でフルネームを書いておきます。

夫婦で葬儀に出る場合でも香典の名前は夫の名前だけでかまいませんが、連名で出す場合は右側に夫の名、その名前の横に妻の名を書きます。これはどちらの親が亡くなった時でも同じです。

また、「心付け」や「志」と書くという事を聞いた事がある方もいるのではないでしょうか。こちらに関してはまず「心付け」は葬儀を手伝った方へのお礼にお渡しする物の熨斗に書く言葉であり、「志」は香典返しの熨斗に書く言葉ですので、香典には書きません。

まとめ

義理とはいえ親が亡くなった時の香典の金額は、基本的に自分の親が亡くなった時と同じく10万円が基本です。夫婦で葬儀に出る場合は気持ち次第で夫婦2人という事で倍の20万円を包むようにしても良いです。

香典の表には夫の名前を薄墨で書いておきましょう。連名にする場合は夫の名の左側に妻の名前を書きます。香典袋に書く言葉はどんな宗教にも使える「御霊前」と書かれたものが使いやすいです。

水引の下に名前をきれいに書くようにします。中包みの封筒の裏には金額と住所、名前などを書いておくのがマナーです。金額は間違えないように漢数字で書きます。包む金額はきりのよい数字で4、9は死や苦しみなどを連想させるため、避けます。

無料資料請求はこちら お急ぎの方はこちら