意外と間違えている人が多い? 四十九日法要の正しい日にちの数え方

突然の死を迎えた場合は特に、そうでなくとも葬儀というのは一生のうちにそう何度も経験することではありません。バタバタとあわただしく準備し、当日を迎えることとなるでしょう。 葬儀が終わったからといって気を抜いていてはいけません。葬儀後のもっとも大切な法要として四十九日法要があるのです。四十九日までの間は喪主や遺族にとって忌中であり、その間に済ませておかなければならないこともたくさんあるのです。 ただ悲しみにくれているだけではいけません。だからこそ、忙しい毎日の中で少しずつ故人を失った悲しみが落ち着いていくのですから、無くてはならない行事です。とはいえ、四十九日の計算方法や意味など知らない方も多いです。

四十九日法要とはどういうものか

四十九日というのは仏教ならではの考え方です。この49日の間に7日ごとに7回、極楽浄土に行けるかどうかのお裁きが行われます。そして49日目はついに最終決断が下されるのです。 遺族は葬儀後も、7日ごとのお裁きの日に法要を営みます。追善法要とも呼ばれますが故人が極楽浄土に行けるよう祈り、故人の善行を足していくのです。亡くなって一番最初の裁きの日が初七日で大切な意味を持つため僧侶を呼んで読経をお願いすることが多いですが、二七日・三七日ともなると遺族だけで簡単にお祈りをするのが一般的です。そうして、49日目はついに最終お裁きということでもっとも重要な日となり、僧侶や親族一同で集まってお祈りするのです。この日までで遺族にとっては忌明けとなるため、ひとつの節目でもある日です。

いつから数えて四十九日か

49日の基準となるのは葬儀のあった日ではなく故人が亡くなった日です。この日を命日として1日目と数えて、49日目という数え方をするのです。ただ、関西などでは亡くなった日の前日を1日目と数える地域もあるため、注意してください。葬儀会社や年長者・檀家となる寺などで確認しておくとよいでしょう。葬儀であれば火葬場の空き状況などを考えて日程が決まります。法律で死後24時間以内の火葬は禁止されているためそれ以降でできるだけ早く執り行われるでしょう。一方の49日というと必ずしもその日というわけではなく、土日など集まりやすい日を考慮してずらすことも多いです。もちろんどちらも、お勤めいただくご僧侶の予定も抑えておかなければなりません。

四十九日法要ですること

最近は葬儀も家族葬などこじんまりとしたものになってきていますが、四十九日も近親者のみで行なうか、友人や仕事関係者を招いて盛大に行なうかは自由です。大掛かりなものとなると広い会場を借りたり会食の準備をしたりとやることは多くなります。少人数であれば自宅などでもかまいません。葬儀後すぐに手配を始めてください。 一般的には、まずは施主による開始期の挨拶、読経と焼香、そして僧侶による法話を聞き、そして会食といった流れになります。もしも法要に参加することになった場合には香典を用意しましょう。喪服を着ていくのも葬儀と同様です。近しい方が亡くなられてまだたった49日目です。遺族たちはまだ悲しみの只中にいます。参列する以上はあなたも極楽浄土にいけるよう強くお祈りしてください。

まとめ

四十九日法要まではあわただしく毎日が過ぎていくことと思います。とはいえ、分からないことは葬儀会社に聞きながらやればいいのです。周りの方たちもきっと助けてくれます。あなたの大切な方が極楽浄土に旅立つことができるように、そういった気持ちを持って頑張りましょう。それが過ぎれば普段の生活が待っています。その頃には、故人を失った悲しみも少しずつ落ち着いてきているはずです。昔から我々日本人はそうやって死と向き合ってきたのです。 ただなんとなく僧侶に合わせて読経するよりも、四十九日の意味について知っていれば読経のときの気持ちも違ってくるはずです。常識として知っておくことをおすすめします。

無料資料請求はこちら お急ぎの方はこちら