地方と都市では自宅葬の流れは全く違う? 知っておきたい基礎知識

今でこそ、葬儀は専用の葬儀場を用いるのが一般的ですが、ひと昔前までは自宅ですべての葬儀を行う自宅葬が主流でした。故人が過ごしていた自宅で家族とともにお別れができる、この点は個人だけでなく、家族や親族にとっても大きな魅力となっていきます。 ただ、この自宅葬、全体の流れは地方と都市部とで流れに違いがあります。そもそも、地方であれば一戸建ても多く、葬儀のための十分なスペースを確保することができます。それがいわゆる住宅地、都市部であればどうでしょうか?マンションの場合には周辺の住民に事前の説明をする必要がありますし、そもそもエレベーターに棺などが入りきらなければ葬儀自体が不可能となります。まずは地方と都市との違いについて押さえておくことからはじめていきましょう。

自宅葬のメリットとは?

自宅葬のメリットは先にも挙げたように、故人にゆかりのある地でお別れができるという点です。また、セレモニーホールのようにスケジュールが事前に決められることもないので、家族もゆっくりと気持ちの整理ができるというわけです。 通夜、告別式ともに自宅葬で行う場合には、多少準備ややり方に手間取ることもあるでしょうが、ごくごく近しい親類だけを呼ぶというのであればこの形でも十分に対応することが可能です。むしろセレモニーホールを借りて葬儀を行うよりも幾分経済的ともいえるでしょう。 最近では、通夜や告別式を小さくしたいという人が少なくありません。そんなケースでも自宅葬はメリットの多い葬式の方法として挙げられるわけです。

注意しておきたい点はある?

ただ、こうした自宅葬には注意しておきたい点があります。まず第一に押さえておきたいのが自宅のスペースです。地方の場合であれば一戸建てで十分なスペースが確保できることが多いのですが、都市の場合には話は変わってきます。特にマンション住まい、住宅地住まいという場合には、近隣住民に事前に了承を得なければいけません。葬儀の準備のため、棺が出入りするのですから人によっては嫌悪感を抱く人もいるでしょう。 また、祭壇や棺を置くスペースだけでなく参列者が十分に入るだけのスペースが必要です。参列者が多い場合には多少タイムスケジュールがきつくなったとしてもセレモニーホールを利用するのが無難です。 都市部で自宅葬を行う場合には、ここで挙げた手順を参考に、事前の準備は徹底しておくことが大切です。地方であれば葬儀業者にすべて任せるのも可能ですが、中には自分たちで気を配らなければいけないこともあるので注意しましょう。

葬儀社への依頼について

ほとんどの葬儀社ではセレモニーホールでの葬儀だけでなく、こうした自宅葬にも対応しています。それぞれの葬儀社で流れに多少の違いは出てくるでしょうが、多くは依頼者の希望通りに通夜、葬儀を行うことが可能です。 参拝者への対応も含めてスタッフ人員を確保することもできますし、要望によっては式を行わずそのまま火葬を行う場合もあります。基本的な流れはご遺体のお迎え後、自宅に安置して通夜、告別式を行います。その流れの後で火葬となるわけです。式を行わなければ時間をより短縮することができますが、それぞれの予算や都合、故人との関係性を考慮したうえでプランを選択していくといいでしょう。 まずは自宅葬を得意としている葬儀社をさがす、ここから始めていくのがおすすめです。

まとめ

最近では葬儀をよりシンプルにしようとセレモニーホールを使わずに自宅葬で済ませるというケースが増えています。自宅スペースが比較的確保しやすい地方とそうではない都市部とでは、対応の仕方に若干の違いがありますが、故人との別れに時間をかけたいという人にはおすすめの方法です。 流れは一般的な葬儀と大差はないものの、やはり周辺住民への配慮によってタイムスケジュールが厳しく組まれてしまうこともあります。それぞれの予算や都合、故人との関係性を踏まえてよりベストなプランを選択していくことが大切になってくるわけです。まずは利用できる葬儀社にどんなものがあるのかチェックしていくことから始めていきましょう。

無料資料請求はこちら お急ぎの方はこちら