僧侶に払うの相場はいくら? 自宅葬にかかる費用とお布施について

日本で行われる葬儀で一番多いのが仏式葬の一般葬です。最近は都市部で費用を抑えた家族葬が増えていますが、地方では弔問客を受け入れる一般葬の方が多いようです。葬儀は専用の会場を借りるか自宅を利用しますが、最近はスタッフの人件費が少なくて済む自宅葬が人気を集めています。 普通の方であればお葬式に呼ばれて出席することはあっても、実際に身内の誰かが亡くなって葬儀を行う機会は滅多にありません。そのため葬儀社に支払う料金や僧侶に渡すお布施の金額について平均的な相場がどれくらいなのかが気になる方も多いのではないでしょうか。一般的な自宅葬を例に、仏式葬を行うために必要な費用の相場や僧侶にお渡しするお布施の平均金額をご紹介します。

葬儀社の基本料金とお布施の相場とは

仏式でお葬式を執り行う場合には、葬儀社に基本サービスを依頼することと、菩提寺のお寺から僧侶に来て頂いて儀式を行う必要があります。自宅葬の場合は親戚や近所の方に手伝ってもらえるので葬儀社の人件費を抑えることができますが、病院または警察などの遺体安置所から自宅に搬送するための寝台車と自宅から火葬場までの霊柩車の車代が余分にかかってしまいます。一般的な自宅葬であれば、葬儀社の基本料金は70万円〜100万円です。新興葬儀社の格安プランを利用すれば50万円〜80万円程度になります。 僧侶にお渡しするお布施の平均額は地域によってバラツキがあります。仏教で「布施」とは施しという意味なので本来定価はありません。安い地域であれば20万円程度、高い地域であれば30〜40万円です。ただし、お布施とは別に菩提寺から10万円〜20万円程度の香典料が頂けるので、実質お寺に支払う金額は10〜20万円となります。

備品(オプション)にかかる価格の相場とは

葬儀社の基本料金に含まれないものには、香典返し、通夜や火葬後の精進落としの際に弔問客にお出しする茶菓子や飲食費、自宅から火葬場まで遺族が移動するためのマイクロバスやタクシー代、その他雑費などがあります。これらの値段はお葬式の規模によって幅があるため、葬儀社の基本プランには含まれていません。オプション料金の相場ですが、飲食費であれば出席者1人あたり千円〜6千円です。地域や風習によっては通夜振る舞いなど飲食費が高くなってしまう場合があります。ちなみに香典返しの品物の値段は、香典金額の半額が目安です。 弔問客が100人程度の一般的なお葬式であれば、基本料金以外の追加料金として70〜100万円ほどが必要です。大まかな目安として、追加料金の相場は葬儀の基本プランの料金に対して2倍程度となります。

葬儀全体にかかる費用の相場とは

出席者や弔問客が100人で自宅葬を行うケースを想定すると、葬儀社に支払う基本料金や追加のオプション料金(備品のレンタル料や消耗品、車代)と僧侶に支払うお布施の合計額は170万円〜240万円になります。自宅葬は会場費用や葬儀社のスタッフの人件費を低く抑えることができます。その代わりにお手伝いをしていただいた親戚や近所の方にお礼をしたり、遺体を搬送するための霊柩車や遺族が火葬場に移動するための車代が余分にかかってしまいます。ただし一般葬では香典料の一部が収入になるため、トータルでかかる費用は150万円〜200万円です。 一般弔問客を呼ばない家族葬であれば基本プランと追加料金ともに半額になりますが、一般弔問客からの香典料を受け取らないので、トータルで100万円〜150万円の費用がかかります。

まとめ

日本の一般的な仏式葬にかかる費用の平均は約230万円で、世界一高額と言われています。自宅葬を選択すれば会場費や葬儀社の人件費を節約する事ができますが、追加のドライアイスや車代、通夜、告別式の際に手伝って頂いた方に贈る返礼品代などが別途必要になります。急にお葬式を行わなければならなくなる事態に備えて、葬儀代を備えておくことが大切です。 自宅葬で家族葬を行えばトータルのコストを安く抑えることができますが、出席者が半分になったとしても単純に費用が半額になる訳ではありません。ちなみに法律で定められている最低限のお葬式(火葬のみの直葬)を行う場合の料金の相場は15〜25万円程度です。

無料資料請求はこちら お急ぎの方はこちら