家族葬での通夜「平服でお越しください」… 服装や香典に関するマナー

葬儀は故人とのお別れの場であり、故人や遺族の意思を尊重する形式で執り行われることになります。葬儀には仏式や神式やキリスト教式などの様々な形式がありますが、近年ではさらに故人と親しかった人が集まって行う家族葬や自宅葬の割合が増えてるようです。

葬儀には故人や親族への弔意をあらわす服装で参加することが必要になりますが、それでは家族葬の場合にはどのような服装を心がければよいのでしょうか。

また、「平服でお越しください」という場合には、具体的にはどのような服を選べばよいのでしょうか。いざという場合になってから慌てないために、家族葬の際に必要とされる服装のマナーについて詳しく確認してみましょう。

平服は普段着ではないことに注意をしてください

葬儀の際の服装にはマナーがあります。正式な葬儀では喪主や故人に近い親族は正喪服として、男性は黒のモーニングや紋付羽織袴を、女性は黒無地のワンピースやアンサンブルや着物などを着用します。

親族以外の参列者は準喪服として、男性は黒のダブルまたはシングルのフォーマルスーツを、女性は黒無地や織り柄の目立たないワンピースやアンサンブルやスーツなどを着用するのです。

略喪服はさらに略式の服装であり、一般的な黒のスーツなどがこれに該当します。家族葬で「平服でお越しください」という場合には、親族であれば準喪服を、それ以外の人は略喪服を選んでください。平服は普段着ではありませんので、家族葬に参加する際にはくれぐれも注意が必要です。

準喪服または略喪服を着用しましょう

略喪服 略喪服

家族葬での通夜に「平服でお越しください」という場合には、それぞれの立場にあわせて準喪服、または略喪服を着用すればよいでしょう。ただし突然の訃報を知らされて急いで通夜にかけつける場合には、地味な色のビジネススーツなどの服装でも問題ありません。

香典は通夜、または葬儀(告別式)のいずれかの際に渡すことが一般的ですが、急に通夜に参列することになった場合には通夜当日ではなく、後日葬儀の際に香典を渡すようにしましょう。

親族や故人と特に親しかった人の場合には、訃報を知ったらできるだけ早めに弔問に訪れることがマナーとなります。会社関係や一般的な友人・知人の場合には、ある程度落ち着いて準備が整うのを待ってから通夜に参加するようにしてください。

子どもなどの場合には厳密にこだわる必要はありません

家族葬による葬儀(告別式)には親族は準喪服、それ以外の人は略喪服で参加することが一般的です。ただし娘の義父など、故人とは遠い関係の親族(故人と4親等以上離れた関係の親族)の場合には、略礼服で参加しても問題ないでしょう。

甥や姪や孫などの年少者が家族葬に参列する場合には、喪服の形式にあまり厳密にこだわる必要はありません。中学生や高校生は学校の制服で、さらに小さな子どもは卒園式や入学式のような服で参加すればOKです。

赤ちゃんの場合には葬儀の最中に、泣き出してしまうことがあるかもしれません。葬儀ではお経や木魚の音など、いつもとは違う雰囲気に接することになります。可能であれば誰かに預けるか、あるいはすぐに席を外せる場所で参列するなど、臨機応変な対応を心掛けてください。

まとめ

家族葬は葬儀の形式のひとつであり、服装のマナーについても基本的には通常の葬儀と同様だと考えてください。親族は準喪服を着用し、それ以外の参列者は略喪服を着用することになります。

ただし家族葬は限られた親しい人だけが出席する葬儀となりますので、参加者の同意があれば服装は自由とすることもできます。親族の中に高齢者や体が不自由な人がいれば正式な喪服を着用することは難しくなりますし、また、足が悪くスカートやパンプスを敬遠したい女性などもいるかもしれません。

葬儀は故人とお別れをするためのものですから、家族葬の場合にはあまり形式にこだわらずに、自由な雰囲気で執り行うという選択肢もあります。

無料資料請求はこちら お急ぎの方はこちら