ペットと一緒に樹木葬を執り行うメリットとデメリット

現在は価値観が多様化し、自然葬を希望する人が増えています。自然葬は従来型の石のお墓ではなく、自然の野山や海洋に遺骨を埋葬することで自然に還ることができるお葬式の方法です。日本国内では野山に散骨を行うことは難しいのですが、樹木葬を利用することで陸上で自然葬を行うことができます。樹木葬は埋葬した後に墓標として樹木を植え、時の経過とともに土の中で遺骨が分解されることで自然界に還ります。自然葬は宗教や宗派に関係が無く、従来型のお墓よりも埋葬料が安いという特徴があります。 最近は一部の樹木葬墓地でペットと一緒にお墓に入ることができるような施設があります。このような墓地を利用することで家族と同様に暮らしていたペットと一緒にお墓に入ることができることから、注目を集めています。

ペットと一緒に入れるお墓とは?

一般的にほとんどの霊園では、人間用と動物用に別れています。人間用の墓地にペットの遺骨を埋葬することはできませんし、その逆も不可能です。ところが最近は一部の人間用の霊園では、ペットと一緒にお墓に入ることが可能です。法律上は人間と動物の埋葬エリアが区別されていますが、同じ区画の中で人間用の墓地に隣接して動物用の霊園を設置することでペットと一緒に同じお墓に入ることができるようになります。 従来型の霊園の他にも自然葬(樹木葬)墓地でもペットの遺骨を一緒に埋葬することができる施設があります。ペットと一緒に埋葬することができる樹木葬墓地を利用すれば、家族と同じように可愛がっていたペットと一緒にお墓に入って自然に還ることができます。

樹木葬墓地にペットと一緒に埋葬するメリットとデメリット

樹木葬墓地でペットと一緒にお墓に入る最大のメリットは、家族同然に可愛がっていたペットと一緒に眠りにつくことができる事です。樹木葬墓地のほとんどは、宗教や宗派に関係なく誰でも利用することができるという利点もあります。これに加えて自然葬は従来型のお墓よりも埋葬料が安いというメリットも存在します。 逆に樹木葬墓地で人間とペットの遺骨を一緒に埋葬する場合のデメリットですが、新しい葬儀方法なので周囲の理解を得にくいという問題があります。基本的に動物の遺骨と一緒に埋葬することができる民営霊園自体が少ないのですが、これらの中でも動物と人間の遺骨を一緒に埋葬することができる樹木葬墓地は特に限られてしまいます。施設の数が非常に少ないので、選択肢が非常に少なくなるというデメリットがあります。

ペットと一緒に樹木葬を行う費用とは?

ペットの遺骨と一緒に埋葬することができる樹木葬墓地は、民間霊園に限られます。そのため公営霊園でも樹木葬を行うよりも埋葬料が高めです。それでも従来型のお墓を利用するよりも少ない費用で葬儀を行うことができます。 ペットの遺骨と一緒に自然葬を行う場合の費用の相場ですが、合同埋葬であれば30万円前後で、専用の区画に個別埋葬を行う場合には50万円〜70万円です。ペットの遺骨を埋葬する際は人間の埋葬料とは別に1体あたり数万円の埋葬料が必要です。ほとんどの施設は埋葬後に年間管理費用を支払う必要がありません。ちなみに骨壺を利用する一般的なペット用の墓地や納骨堂を利用する際の埋葬料は1体あたり3〜5万円ですが年間管理費として5千円前後の費用がかかるので、自然葬を選択した方が少ない費用で済みます。

まとめ

最近はペットの遺骨と一緒に埋葬することができる樹木葬墓地が増えています。樹木葬は宗教や宗派、個人の信条に関係なく誰でも自由に利用することができます。さらにペットと一緒に埋葬をすることで、それまで家族と同じように可愛がっていたペットと別れなくても済むというメリットがあります。自然葬を選択すれば従来型の墓地よりも埋葬費用が安く、埋葬後にお墓を管理する必要がないというメリットもあります。そのため、今後もこのような自然葬霊園が増えて行くことが予想されます。それでも現在は動物と一緒に埋葬することができる施設の数が少ないため、希望する地域の霊園を利用することができない場合があります。

無料資料請求はこちら お急ぎの方はこちら