樹木葬と手元供養、どっちが自分に合っているか? 特徴や相性の比較

子孫の代までお墓の管理等で負担を掛けたくないという思いから先祖代々の墓所を墓じまいし、新たな埋葬地も個別の墓所区画に墓石を建てる従来タイプではなく、樹木葬などの自然葬や合祀の永代供養墓を選ぶ人が増えています。死後は樹木の元で大自然に回帰したいという願いが叶う樹木葬と、故人の魂と共に自宅で過ごすことができる手元供養は双方共に人気を急上昇させている供養方法ですが、従来のお墓や供養の考え方やライフスタイルによって向き不向きがあると言われ、それぞれの特徴とメリットデメリットを把握した上で慎重に選ぶことが重要です。樹木葬も手元供養も年々方式が多様化している面もあり、その見極めも大切になって来ます。

人々のニーズを満たす墓地不足解消の決め手

大都市圏では長年慢性的な墓地不足が叫ばれ地価の高い首都圏などでは霊園の新設や拡張もままならないことから、樹木葬区画や合祀の永代供養墓、都市型納骨堂が目立つようになって来ました。中でも樹木葬は樹木を桜に限定した桜葬やイングリッシュガーデンのように整備された霊園のバラの元に埋葬するガーデニング霊園など、景観の上でも魅力的な樹木葬区画が注目を浴びたことで人気が急上昇し、合祀形式の場合は敷地もそれほど必要でないことから従来の施設に増設しやすく、墓地不足解消の決め手としても歓迎されています。環境保護への関心の高まりから死後の自然回帰を願う人のニーズに応える埋葬方法ということに加え、景観が素晴らしく従来のお墓よりも費用が掛からないというメリットが最大の魅力になっています。

施設ごとに埋葬や管理方法が違う樹木葬

一口に樹木葬と言っても故人が望む通りの植物が選べる埋葬地もあれば、桜やバラなど植樹可能な樹木が決められている施設もあり、自分や家族が望むエリア内に希望通りの埋葬が実現する樹木葬区画があるかどうかが選ぶ際に重要になるほか、一人一本の樹木に個別埋葬か一本のシンボルツリーの下に複数名の遺骨が埋葬されるのかなどもあらかじめ精査しておく必要があります。中には樹木葬と称しながら樹木で飾られた合祀の永代供養墓もあり、墓石が樹木に代わるだけで墓所区画としては個別に持ちたい人にはそういった形式は不向きです。同じ樹木葬でも要は費用次第ということで、安価な樹木葬は合祀形式というケースが多く、施設によっては予算に合わせて個別か合祀か選べるようになっているところもあります。

自宅に遺骨を安置する手元供養

樹木葬と共に人気の海洋葬では遺骨を海に散骨するためお墓参りに行く先が無くなることから、分骨した遺骨をアクセサリーに加工して身に着けたり、オブジェにして位牌と共に仏壇に安置するなどの手元供養がいっそう注目されるようになっています。分骨した遺骨を納める手元供養に特化したコンパクトで美麗なデザインの骨壺や、手元供養が浸透するにつれ購入者を増やしているモダン仏壇に似合うシンプルで明るい色合いの位牌なども多く販売されるようになっており、生前に自分好みの仏具を選んでおく人も出てきているほどです。遠方の墓所に墓参りに行かなくても毎日の供養が実現する手元供養ですが、来客の多い住宅の場合、人によっては生活空間に遺骨があることに抵抗感を覚えるため、交友関係によってはそれなりの配慮が必要になってきます。

まとめ

樹木葬も手元供養も個別のお墓を持ちたくないと考える人が増えると共に一般化や多様化が急速に進み、これが正しい形式といった主軸の概念が無いまま現在も進化を続けています。個別区画に墓石を建てる従来のお墓を大切に考える人にとっては抵抗感がある供養方法とは言え、樹木葬も手元供養も従来のお墓に比べて埋葬費用がかなり節約できるという魅力があるために、今後も選ぶ人を増やすことは確実です。新しい埋葬方法や供養、墓じまいなど高齢の人には納得しがたい面が少なくなくトラブルに発展するケースもあることから、終活自体まだ先の話と考えている人も早いうちからリサーチして、ある程度の準備をしておくほうが先々安心な時代となっています。

無料資料請求はこちら お急ぎの方はこちら