今増えてきてい樹木葬 知っておきたい埋葬方法や宗教、供養の方法に関する基礎知識

高齢化社会が進む中でお墓のあり方について考える方が増加傾向にあり、自分の子供など遺族にお墓の管理などで負担をかけたくないなどと考え、変わった埋葬方法のお墓を選ぶ方が増えています。 一般的なお墓は墓石を建てて自分の家のお墓が代々継承されていくものですが、現代社会では既成概念を覆すお墓が続々と登場し人気上昇中です。 需要が増しているスタイルとして永代供養墓や散骨、樹木葬などが人気で、多くの寺院墓地や霊園などでこのスタイルのお墓が作られており、主流となりつつあります。 日本文化において遺骨は自然に還すという概念が強くあり、樹木葬などは直接土に遺骨を埋葬するケースが多い事から特に人気です。

樹木葬とはどんなものか

樹木葬は近年登場したばかりのお墓の形態で、全国的にはまだまだ少ない埋葬方法です。 一般的なお墓が御影石などを使った墓石を墓標とするのに対し、樹木葬は木を墓標とするスタイルのお墓で、高価な墓石を必要としないので安価な価格で販売されているのが最大の特徴でしょう。 このようなお墓は公園型の霊園などで多く採用されており、桜などの木をシンボルツリーとし周囲に筒型のケースを配置し、筒の中に粉骨にした遺骨を埋葬するなどの方法が取られています。 また、低木のもとに個別埋葬できる樹木葬もあり、様々な木の種類から好みのものを選んで墓標とする事が可能です。 このタイプでは骨壷ごと埋葬するケースは少なく全骨か粉骨にして埋葬するのが主流で、継承者も必要としないケースが多いのも特徴といえます。

樹木葬で宗旨宗派は関係あるのか

樹木葬を扱っている墓地は、寺院墓地や民間会社が運営する霊園など様々で、寺院内に樹木葬墓地がある場合は、そのお寺の宗旨宗派に従う必要があります。しかし、民間会社や自治体が運営する霊園などでは宗教は一切問わないケースがほとんどで、キリスト教徒でも問題ありません。 寺院が運営元となり樹木葬を含む霊園をお寺の近くに整備しているケースが最近良く見られますが、このケースでは民間管理会社が間に入り運営している傾向があります。 この為、このような霊園では運営元が寺院でも宗旨宗派を問わない事が多いです。 樹木葬は自然葬とも呼ばれ、自然の中で眠るのを目的としているので、お供えものが出来ない事もありますので注意しましょう。

樹木葬の場合、仏壇は必要か

樹木葬には合葬と個別葬の2種類があり、合葬の場合はひとつの大木のもと、他の方の遺骨と同じ場所に埋葬されるのが一般的です。 一緒のところといっても筒で区切られていたり区画で分けられている事が多いので、心理的にはあまり不快に思わないよう配慮されています。 また、自然葬という概念から火を扱う線香や腐りやすいお供えものが出来ない事が多く、ルールとして禁止されている事が多いです。 この為、供養に物足りなさを感じる方は仏壇を自宅に配置し、仏壇で線香や故人が好きだったお供えものをあげて供養してあげましょう。 お墓と仏壇は違うものであり、お墓があれば仏壇は必要ないというものではありません。 仏壇は自宅内でいつでもお供え物をあげ故人を供養できるので、墓標となる位牌を祀り日々の供養の場として用意したほうが良いです。

まとめ

コスト的に自然葬は大きなメリットがあり、一般墓は平均で200〜300万円前後が全国平均の相場となっているので、それと比較すると半額以下で購入できるのが樹木葬などの大きな利点です。 線香やお供えものが出来る霊園もありますので、各墓地の特徴を入念に調べてから購入すると、満足がいくお墓を手に入れられます。 インターンネットでは各霊園を比較検討できる便利なサイトもありますので、良い場所を効率良く探したい方はネットを活用するのがお勧めです。 パンフレットを一括請求できるサイトもあり、これらのサイトを活用する事で納得できるまで検討できます。 直接、相談会などに参加するのも良いでしょう。

無料資料請求はこちら お急ぎの方はこちら