大人なら抑えておきたい! 宗派や宗派ごとに異なる葬儀の流れ

葬儀は宗派によっていろいろな形式があり、キリスト教や禅宗など儀式の内容も異なります。例えばキリスト教にはカトリックとプロテスタントがあり、それぞれ葬儀の流れが違います。カトリックの場合、故人は神に委ねられキリストの再臨や死者の復活などが願われ、葬儀は教会で行われることになり葬儀と告別式を別々です。プロテスタントの場合、故人は神の元で安らかになり祈りは神に行われます。葬儀には神への感謝や遺族への慰めという意味があり、葬儀と告別式は一緒です。同じキリスト教でも葬儀内容は異なり、仏教なども加わるといろいろな葬儀の流れやしきたりなどが存在し参加する人はそれに応じて対応することになります。

神式は玉串を使って行います

仏教の場合、一般的に葬式は亡くなった人を極楽浄土に送るために実施される儀式で、故人は仏の元で安らかに過ごすと言われています。これに対し神式の葬式にあたる神葬祭は亡くなった人を家に留めておき、守護神とするための儀式です。このことから把握できるように先祖崇拝とは元々神道の考え方で、本来仏式の葬式はお寺で行われていて、神葬祭は神社で行われることはあまりありませんでした。神道は死は「穢れ」であるとされており神社のような神がいる聖域に「穢れ」を持ち込むことは良くないとされていて、葬式において玉串を使用し両手で受け取って遺族に一礼するようになります。神式で行う人は比較的少ないですが地域によっては多いところもあります。

曹洞宗は「押し頂く」を行います

曹洞宗の葬儀は「鼓鈸三通」というものを行い、太鼓や繞鈸と呼ばれている仏具などを使って音を打ち鳴らします。鼓鈸三通は葬式において2回行われることになり、1回目は告別式を行うのに仏を葬祭場に見送る場合に行われ、2回目は火葬場にお見送りするという意味から出棺時に行われます。焼香は宗派毎の違いが出やすく、曹洞宗の焼香は2回です。1回目はお香を右手でつまみ額の高さまで持ち上げ、このような動作を「押し頂く」と呼ばれています。2回目は少量のお香をつまんで「押し頂かず」に香炉に入れます。基本的に2回行いますが参列者が多かったり時間がかかるような場合、1回に行うよう進行する人からアナウンスされることもあるでしょう。

禅宗の臨済宗は声をそろえて経文を読みます

禅宗の臨済宗は枕経のことを「枕経諷経」と呼んでいて、観音経や大悲心陀羅尼などを読誦した後に和讃などが唱えられる流れになります。「諷経」は声を揃えて「経文」を読むことで、通夜において通夜諷経として遺教経や父母恩重経、宗門安心章や和讃なども読まれます。一般的に禅宗の葬儀は授戒から始まり、僧の葬儀法を在家などの人に応用する没後作僧のための儀礼です。臨済宗の場合は仏弟子になることを意味し、抹香する場合は焼香台の右にある抹香を右手の指でつまみ、数珠を持っているなら左にかけます。額の高さまでかかげてから入れますが、香炉にそのまま落としても大丈夫です。回数は1回~3回ぐらい行い、線香を使うこともあるでしょう。

まとめ

葬儀は宗派によっていろいろなものがあり、浄土真宗や浄土宗、天台宗や真言宗などがありそれぞれ儀式の内容は異なります。禅宗の臨済宗や曹洞宗、日蓮宗なども儀式内容は違っていて、それぞれに応じて参加する人は対応することになるでしょう。仏教はもちろん神道やキリスト教もあるので、儀式の内容はかなり違ってきます。無宗教の人も多いので、葬儀社はいろいろなタイプに応じて対応することが可能です。宗派によって儀式や葬儀費用が異なるので、事前に調べておくと予算を把握することができます。葬儀後の四十九日や一回忌の考え方なども変わってくるので、宗派に応じて家族はもちろん参列する人も対応することになります。

無料資料請求はこちら お急ぎの方はこちら