「玉串」って知っていますか? 神式で行う葬儀について基礎知識

葬儀と聞いて思い浮かべるのは、ほとんどの人が仏式の葬儀で焼香をする形のものになると思います。しかし、全ての人が仏式を選択しているかというと、神式で行う人もいればキリスト教式で行う人もいます。この違いは信仰している宗教によって決まるものなので、個々人によって葬儀の形式を選ぶことができます。自分は仏式だから関係ないと思っていても神式で行う人の葬儀に出席する時には、その決まりを守って参加しなくてはいけません。そのため、最低限度のマナーや振る舞いは身につけておく必要があります。その際には玉串の使い方などがポイントになるので、どのように扱えばいいかなどを確認していきましょう。

神式で葬儀を行うためには

神式というのは神社に関係をしている宗教だということで、葬儀も神社で行われると思っている人がいますが、神社にはけがれたものを入れないという習慣があるために、葬儀が行われることはなく、他の葬儀と同じように葬儀場などで行われることが一般的です。葬儀の種類は申し込みをする時に希望を伝えれば、その流派でやってもらえるので、希望の葬儀を行いたいと思った時には、申し込みの際に希望の形式で行えるコースを選ぶようにしましょう。また葬儀のことを葬場祭と呼び、仏式の場合と同じように葬場祭の前夜には通夜祭という通夜の役目を果たすものが行われます。この葬儀の場合には仏式と違った点がたくさんあるので、事前に覚えておきましょう。

玉串を祭壇に捧げる方法

喪主の挨拶は大きく分けると3つになります。会葬のお礼、故人への厚情のお礼、これからのお付き合いのお願いの3つでこの文章を組み合わせることが大切です。例文としては、本日はお忙しい中葬儀に参列頂きまして、ありがとうございますとまずお礼を伝えます。その後に、このように参列頂きましたことで故人も喜んでいることでしょうと続けます。最後に、残された自分たちはまだ未熟物ですが、これからもよろしくお願いしますという言葉でまとめます。火葬場まで参列してくださった方には、長時間にわたる参列に感謝の言葉を伝え、これで終わりになるから気を付けて帰るようにと言いましょう。散会の言葉がないと、帰るタイミングを参列者は知ることができません。

仏式と神式葬儀の違い

どちらも死者の魂を鎮めるために行われるという特徴がありますが、焼香の代わりに玉串を使うことや仏式の場合には寺で式典を行うことがあるのに対して、神式の場合では神社で行うことはありません。さらに神式の場合には式が始まる前に手水の儀といって、手を清める作法があります。ひしゃくですくった御神水で左手を先に洗い、それから右手を3度に分けて洗い流すようにします。次にひしゃくを持ちかえて左手で水を受けて、その水で口をすすぎます。最期にひしゃくを元の場所に戻して、懐紙で両手を拭き取ります。こういった作業をして体を清めてから式典が始まります。参列をする人の服装は仏式の時と同じ喪服で大丈夫ですが、数珠は使用しません。

まとめ

神式の場合には色々な手順や式の呼び名が違うために慣れていないと戸惑ってしまうことがあるかもしれませんが、基本的な心持は同じで故人を偲ぶという気持ちで参列するようにすれば、大きな間違いをすることはないでしょう。手水の儀式や玉串の捧げ方などは独自のやり方があるので、覚えておくと現場で戸惑わずにできますが、完全に覚えておかなくても他の人のやり方を見ながらでも大丈夫です。参列をする際に持参する不祝儀袋はご香典と書いてあるものや、ハスの花の絵が書いてあるものは仏式のものになるので使わないように注意をしましょう。そういった表面上の違いにさえ気をつけていれば、他には大きな違いはありません。

無料資料請求はこちら お急ぎの方はこちら