喪主は知っておきたい葬儀のルール 乾杯や挨拶の恥をかかない例文集

葬儀の喪主というのは、人生に中で何度も経験するものではありません。遺族を代表して配偶者や、すでに亡くなっている場合は息子などが執り行うということが多いでしょう。葬儀に喪主の役割はたくさんあります。葬儀を取り仕切る監督はもちろん、通夜や告別式では参列した人に対して挨拶をするという役割もあります。 初めて喪主になると、慌ててしまうこともありますが、きちんと葬儀を執り行うためにも役割を知って挨拶などもしっかりと行うようにしましょう。葬儀に合った服装や話し方の知識を得るだけでも、葬儀当日は落ち着いて過ごせるようになります。親戚や知人の前で恥をかかないためにも、知っておきましょう。

喪主の身だしなみと挨拶をする時

最近の葬儀ではブラックスーツを着用することが多いですが、これは略式喪服と呼ばれています。喪主であれば正式な喪服である黒紋付き羽織袴やモーニングコートが望ましいです。女性は黒無地着物や黒のアフタヌーンドレスです。 また、喪主になると挨拶をする機会が何度もおとずれます。通夜や通夜ぶるまいの席でも挨拶を述べますが、最も多いのは告別式です。告別式では僧侶を迎え入れるとき、受付が始まれば参列者にも必要です。焼香が終わった際や出棺にも行います。火葬場や精進落としでも必要になる場合もありますが、最近は喪主の負担を減らすために何度も行わないというところも増えています。喪主と言えど、大切な家族を失ったばかりだからです。

喪主が行う挨拶の例文

喪主の乾杯とその挨拶

葬儀や法要の後に会食の機会を持つということが多いです。この会食の前に乾杯の音頭を取る必要がありますが、厳密には乾杯ではなく献杯といい、故人に杯を掲げて敬意を示すという意味があります。この際に、喪主が挨拶をします。 急に頼まれる場合もありますが、それほど心配する必要はありません。長く話す必要はないからです。例文としては、本日はお越しくださってありがとうございましたと感謝の言葉を入れ、無事に葬儀が終わったことで故人も一安心していることでしょうと続けます。これから故人を偲びながら皆様と語らいたいと思いますと続けたり、冥福を祈るという言葉を入れてもいいでしょう。安らかに眠ることを祈って、最後に献杯と続けます。

まとめ

喪主になると葬儀の準備などで忙しくなりますが、事前に挨拶文や挨拶状を用意しておくと、当日になって焦ることがなくなります。初めての喪主で流れなどが分からないときは、葬儀のスタッフと事前に打ち合わせをして喪主の挨拶がどこで必要になるのかを確認しておきましょう。 格式ばった挨拶をしても構いませんが、故人を偲ぶ気持ちを出せばそれほど重く考える必要はありません。文章も長く言う必要はないですし、ある程度決められた枠の中で話すので、心配な場合は親族やスタッフに相談しておくと安心です。挨拶は文章にすると長く感じますが、実際に読んでみると思ったよりも短時間で終わることがほとんどです。練習してみると時間の長さが分かります。

無料資料請求はこちら お急ぎの方はこちら