葬儀でピアノ演奏 流していい曲、悪い曲などBGMへの疑問

故人と遺族の最期の別れの場となるのが葬儀です。家族はもちろん、友人や知人、仕事での同僚などにとっても、在りし日の思い出に浸りながら故人を見送る大切な時間です。近年、一般の家庭で行う葬儀も多様化が進みました。身内だけで行い、親族以外の参列は遠慮してもらうなど執り行う際の形式が増えました。さらに、葬儀中に一般的に使用される雅楽以外の音楽を流すなど、少し凝った演出を見かける機会も増えています。読経などを行わずに音楽を演奏することを中心として行われる音楽葬などもありますが、そのような特別な形式ではなく一般の葬儀で音楽を流す際、どのような曲を選べば良いのでしょうか。また、流すのを差し控えるべき曲はあるのでしょうか。

葬儀でBGMを流したい場合

葬儀でBGMを流したい場合、自分自身が喪主ではない場合はもちろんですが、喪主であっても、身内をはじめ参列する親族に予め相談し了解をとりましょう。たとえ故人が音楽が好きな人であったとしても、突然、葬儀中に音楽が流れ始めると、親族であっても驚くことでしょう。中には不快に感じる人も居るかもしれません。せっかく故人を思い出し、偲ぶきっかけになるように音楽を流すのですから、参列した人を困惑させることのないように配慮することが大切です。予め相談できなかった参列者への配慮としては「故人が好きだった音楽で見送らせていただいている」旨、ナレーションなどで案内すると良いでしょう。葬儀は厳粛に行われるべきものですから、諍いなどが起こらないようにする配慮が重要です。

葬儀でBGMを流す方法

葬儀でBGMを流す方法として最も手軽で簡単なのがCDを使うことです。様々な歌手や演奏家の楽曲を続けて流す場合は、予めパソコンなどで編集しBGM用のCDを作成しておくことも出来ます。もし費用に余裕があり、広い会場を手配できるのであれば、ピアノなどによる生演奏でBGMを流すことを検討しても良いでしょう。たとえばピアノを使う場合、使用する楽器であるピアノを置くスペースや演奏者の確保、譜面の用意など準備が大変ですが、メリットもあります。それは、ピアノ曲はもちろん、それ以外の楽曲で特に賑やかな雰囲気の曲もピアノで演奏するようにアレンジすれば静かな音楽として流すことも出来ることです。また、全曲をピアノの音色で統一して演奏するため、様々な楽器の音色で奏でるより落ち着いた雰囲気となり、葬儀にふさわしいBGMとなります。

葬儀で流す曲の選び方

葬儀で流すBGMの選び方に関してですが、よく使われる曲はありますが、明確に、これはNGと言うものはありません。あまりにも派手で場違いな音楽で無ければ、故人が好きだった曲を中心に葬儀の雰囲気に合ったものを選曲して良いかと思われます。春夏秋冬などそれぞれの季節をイメージして選ぶのも一つの方法です。一般的にはクラシック音楽では、シューベルトのアベ・マリアやバッハのG線上のアリア、バッヘルベルのカノンなどが有名です。ポピュラーソングでは、アメイジング・グレイスやオーバー・ザ・レインボー、サウンド・オブ・サイレンスなどが、よく知られているところです。邦楽では、川の流れのように、精霊流し、千の風になって、などが使用されることが多いようです。

まとめ

以前は読経の声と雅楽のような音楽しか聞かれなかったお葬式の場も、時代と共に多様化が進み、様々な形式と演出が見られるようになりました。人の生き方と同じように、亡くなった後の見送り方も同じように変化して来ているあらわれだと思われます。音楽をお葬式の中で流すことも、そのひとつのあらわれではないかと思われます。基本的には、しめやかに厳かに故人を送り出す儀式ですので、その考え方を見失わないように、葬儀というものの雰囲気にあった音楽を選んで流せば、故人も喜び、親族たちにも不快感を与えない式が行えると思います。大切なのは故人を穏やかな気持ちで送り出すことですので、そこを忘れないようにしましょう。

無料資料請求はこちら お急ぎの方はこちら