送ってはいけない花とは? 葬儀で送るお花の種類といただいた場合のお礼

親しい方が亡くなったことを知らされた時、お悔やみやご冥福を祈る気持ちを込めて花を送ることがあります。無くなられた方が好きだった花や、想い出に残っている花などを送りたいと思われるはずです。ですが、葬儀に使われる場合に使って良いものや使っては良くないフラワーアレンジメントの種類があるのかもしれません。葬儀は非日常的な行事なので、きちんとマナーを守る必要があります。特にご遺族に不愉快な想いをさせてしまったり、さらに悲しみを助長してしまうようでは送る意味がありません。また、送られた遺族側は、お礼についてどうすれば良いのかも考えておかなければなりません。葬儀という負担のある場面で、送る側と送られる側のマナーについて考えて見ましょう。

葬儀に送って良い花の種類

葬儀に使われる供花はカゴに入った物や、花輪を送ります。その読みかたは「きょうか」または「くげ」と読みます。良く送られるのは基本的に菊やユリ、カーネーションなどが主として多く選ばれます。ですが近年では洋ランなどの洋花を使うこともあります。祭壇や斎場の入り口に飾られるので2つセットで送るのがマナーとされてきました。それが現在は1つで送ることも増えています。仏教の場合は白を基調としたもので、淡いピンクなども含んだフラワーアレンジメントのカゴなどを送ります。反対に神式の場合は色を含まずに、白い菊やユリだけを使います。キリスト教では洋花を主にして、カーネーションやユリなど、菊であればスプレー菊や小菊などを選びます。

葬儀で送ってはいけない花の種類

葬儀という悲しい場面では、使ってはいけない種類の花があります。例えば、仏教では胡蝶蘭などを使いますが、神道では胡蝶蘭を使う事は送りません。また、キリスト教では造花は使わないようにしてください。そして、菊も日本で一般的な大きなタイプのものではなく、小さなスプレー菊や小菊にします。フラワーアレンジメントするときにもキリスト教では白一色ではなく、彩りのあるものが好まれます。それにバラのような棘があるのものも、遺族の心を傷つけないように使わない心使いをしましょう。もうひとつ注意することは、送る前にご遺族の意向を確認することが必要となります。葬儀はそれだけでも負担となるので、まずは辞退されることも考えて連絡を取ることが大切です。

葬儀でフラワーアレンジメントや花輪をもらった場合のお礼の仕方

葬儀にカゴ入りのフラワーアレンジメントを貰ったときには、お礼をする必要があります。丁寧に手紙を書くことが理想ですが、葬儀の後は煩雑になりますので失礼を詫びて電話であってもお礼を申し上げましょう。お返しを送るならば、頂いた金額の半分から3分の1程度を目安としてください。そしてお返しの品にはお礼状を添えることも、忘れてはいけません。お返しの品としてはお茶やお菓子・石鹸など、使って消えてしまうものが縁起を担ぐときには好まれます。またはタオルやハンカチなど、実用品が選ばれます。お返しの最適な時期は、49日の後までに行って下さい。お香典も頂いた場合は、その2つを足した金額の半分から3分の1のお返しをします。

まとめ

葬儀というと構えてしまって、すぐにどうすれば良いのか判断することができないこともあります。親しい友人であれば悲しい気持ちが大きくなり、まずするべきことが分からないでしょう。お悔やみの気持ちを表わす為にフラワーアレンジメントを送るとしても、遺族の負担にならないように気使いが重要です。送るためにはご遺族の気持ちを確かめて、それから宗教についても確認しておきましょう。花輪など送る場合の相場となるのは、7000円から2万円程度といわれています。枕花は亡くなられたかたの枕元に飾りますが、この時は白やブルー系のシンプルな落ち着いた色合いにします。本当に悲しみを表わすための気持ちを送るのですから、慎重に花の種類も選んでください。

無料資料請求はこちら お急ぎの方はこちら