夫婦での時はどう記入する? 葬儀に参列する際の「芳名帳」の書き方

葬儀を執り行う立場となるのは一生に一度か二度あるかないかのこと、しかも故人が亡くなった悲しみにくれている状態で大勢の方が故人との最後のお別れに訪れるのですから、参列していただいた方の名前をすべて覚えることは難しいです。そこで必要となるのが芳名帳という存在です。もちろん、葬儀の場で使われる以上は記帳方法にもルールがあります。テンプレートもあるため確認して行った方が無難です。遺族にとって後々まで必要となる大切な記録です。誤りの無いよう、失礼の無いよう注意しましょう。ちなみに葬儀だけでなく、結婚式に出席する際に書くのも同じく芳名帳です。儀式における名簿のようなものです。

葬儀での芳名帳の意味について

「芳名」というのは他人を敬ってその姓名をいう言葉です。この芳名帳は儀式に出席した方を遺族が把握するために使われます。通夜と葬儀、両方で記入することとなるでしょう。ちなみに、香典を持ってきた方のみの名簿・香典帳というのもありますが、これは葬儀受付の後方にて別の係が整理し記帳するものです。持参しているかどうかで記帳するための用紙を変えるといった失礼なことが行われることはありません。 それを元に香典返しなどもするため、名前だけでなく住所も必要です。もしも名前だけであれば分かりづらいというのであれば会社名を加えた方がよいですし、代理人としてきていることもあります。夫婦で訪れたときの記入方法などもあるので、単に名前さえ書けばよいというようなものではないのです。

葬儀での芳名帳の書き方について

何も達筆でなくとも良いのです。丁寧に読みやすい字を心がけることです。もしも香典返しが届かなかったり、違った漢字で名前が書かれていた場合には腹を立てる前に自身を思い返してみてください。遺族に読みにくいあいまいな文字で書かれていたからこそ間違ったのかもしれません。 送った香典返しが届かないで返送されてきた場合には、もう一度確認して送りなおしたりしなければならず、遺族の手間は増えるばかりです。きちんと書くことこそが必要となるのです。 個人で出席しているのであれば、特に問題はなく自身の名と住所を書くだけです。ただ、夫婦で出席した場合や代理人として出席した場合、会社の代表として出席した場合にはどのように書かなければならないのか、事前にテンプレートを見ておいた方が無難です。

夫婦で出席した場合には

夫婦で参列する場合には、夫の名前と一緒に妻の名前も記帳します。その際に連名となるのか、別々で書くのかは受付の方に聞くのが一番です。後日、住所録として使用するのにどちらがよいのか受付係は聞いているはずです。 代理で出席するなら、それをお願いした上司の住所と氏名、そして代理で訪れた自身の名の順に書きましょう。住所は上司自身の住所ではなく会社の所在地を記入します。上司の氏名の左横には小さめに「代理」と書き添えておいてください。 会社関係者という立場で出席した場合、遺族としては名前だけ書かれてあっても誰なのかはわかりません。会社名を書き添えておくのが親切です。 故人本人はともかく、その家族となると故人のお付き合いに関しては把握していないことも多いです。できる限り分かりやすいように書いておくのが礼儀となります。

まとめ

遺族側は、芳名帳に通し番号を印刷しておきましょう。香典袋にももらった時点で同じ番号を書き込むようにすれば後で分かりやすくなります。最近では芳名帳と香典帳が複写式となっているもの・一体型のものなどもあります。初めてのこととはいえ、セレモニースタッフの手助けも借りて用意することができるでしょう。 とはいえ、きちんとしたものがあっても、そこに書かれている情報があいまいであれば後で遺族を煩わせることになってしまいます。だからこそ、参列者としては注意が必要なのです。家族葬で家族や近しいものだけで行なうのであれば良いですが、会社関係の大掛かりなものの場合には特に注意しましょう。

無料資料請求はこちら お急ぎの方はこちら