葬儀に参列する際知っておきたい焼香の仕方

焼香とは仏式の葬儀の際に仏前で香を焚く儀式で、これは仏の功徳たたえる事と亡くなられた方を弔う目的で行われます。仏教においては香とは仏の食物であると考えられているので、通夜・告別式のほかに法要の際も香が焚かれます。葬儀の際においては、出席者全員が一人ずつ順番に祭壇の前に進み出てから炉に香を振りかけます。細かいルールやマナーは宗派によって違いがあります。例えば香を炉にくべる回数が1~3回と違いがありますし、額に押しいただくか否かも細かく決められています。 焼香は葬儀でも重要な儀式ですし出席者全員が行う必要があるので、基本的なマナーやルールを身に付けておくことはとても大切です。

基本的な焼香の仕方・マナーとは

焼香の種類ですが、出席者が多い一般葬では立礼で行われます。これに対して出席者が少ない家族葬・一日葬(身内葬)では、畳敷きの式場で葬儀が行われる際は座礼または席に焼香盆を回す方法で行われるケースもあります。 順番に祭壇に進み出て香を焚く方法ですが、会場の中央の通路を通って前の人に続いて祭壇に進みます。僧侶とご遺族に一礼してから祭壇の前に進み出て、遺影に向かって一礼して合掌します。次に右手親指・人指し指・中指で少量の香を掴んで額の高さに押しいただき、香炉に振りかけます。最後に遺影に向かって合掌してから一歩下がって一礼し、会場の両側の通路を通って自分の席に戻ります。線香の場合は香炉に立てるか、寝かすようにして置きます。宗派によっては、この動作を2~3回繰り返す場合があります。

一般葬に出席する場合に注意すべきマナーとは

一般葬では故人の近しい人からさほど親しくなかった人まで、非常に多くの人が出席するという特徴があります。このような場合、香を焚く順番は故人と血縁関係が深い順番となります。一般葬の場合は着席する席順(上座から下座)に行われるので、故人と近い順番に席が決まります。故人から見て自分よりも近しい人よりも上座に座らないように注意する必要があります。 焼香のやり方は葬儀が執り行われる宗派ではなくて自分の宗派の方法で行いますが、もしも自分の宗派の作法が分からない場合は他の人と同じ方法で行いましょう。一般葬でも1人ずつ祭壇に進み出て順番に香を焚きますが、出席者が多いと時間がかかってしまうので「焼香は1回でお願いします」とアナウンスが行われる場合があります。このような場合には自分の宗派の作法に関係なく1回だけにして、短い時間で行うようにしましょう。

家族葬や一日葬などの少人数のお葬式のマナーとは

最近は故人と近しい親族のみが出席する家族葬や一日葬で葬儀が行われるケースが増えています。小規模のお葬式でも仏式葬であれば必ず焼香が行われますが、参加することができるのは葬儀に呼ばれた人のみです。呼ばれなかった人は葬儀に参加したり、挨拶のために訪問すべきではないので注意しましょう。 小規模の葬儀に出席する場合には畳敷きの式場で焼香が行われることがあり、座った状態で座礼または香炉を回す方法で焼香が行われます。座礼で行う場合の作法ですが、立ち上がって移動せずに腰を落として膝で移動します。ご遺族と僧侶に一礼してから祭壇に進み出て、遺影に向かって一礼してから合掌し、宗派ごとに決められている作法に従って香を焚きます。香をくべる回数は真言宗と日蓮正宗は3回、曹洞宗は2回です。他の宗派は1回ですが、浄土宗と天台宗は何回でも構いません。額に押しいただくか否かについても宗派によって異なります。

まとめ

基本的な焼香のやり方は宗派ごとに決められた作法で行います。それでも一般葬などの葬儀の出席者が多い場合には香を焚く回数は1回だけにして、短時間で手短に済ませるように気配りをする必要があります。 これに対して少人数の身内葬であれば一般葬の時のように簡略化せずに、宗派ごとに細かく定められている作法にきちんと従うようにする必要があります。炉に香をくべる回数や額に押しいただくか否かについては宗派ごとに細かく決められているので、葬儀に出席する前にきちんと確認しておくようにしましょう。家族葬や一日葬等の身内葬は葬儀に出席する出席者が30人以下と少ないため、間違った作法で焼香を行うと目立ってしまうので特に注意が必要です。

無料資料請求はこちら お急ぎの方はこちら