葬儀に代理出席は許される? 弔問や参列時のルール

突然の訃報、場合によってはすでに動かせない予定が入っていることもあるのが葬儀です。たとえ危篤状態である程度は覚悟が出来ていたとしても妊娠していたり乳児がいるなどの理由で出席できない場合もありますし、披露宴と葬儀とが重なってしまうといった場合もあるでしょう。通常は葬儀を優先させるのが一般的ですが、お付き合いの程度によっては披露宴を優先することも、その場合にお通夜に出席して香典を渡すのも良いですが、お通夜も葬儀も行くことができないというなら代理出席を考えましょう。 葬儀での代理出席はマナー違反ではありません。代理出席のお仕事と言うのもあるのです。ただ、厳粛なる葬儀の場、もしも自身が代理で出席するのであればやはりマナーを守りその場の雰囲気を壊さない配慮が必要です。

代理出席、あるいは弔電で

もしも弔問できない場合、代理出席をお願いするのは家族や同僚となります。また、夫が行くことができないというなら妻が代理を務めるのが一般的です。 代理を立てることも難しいというのであれば、弔電を打つことも可能です。葬儀の前日までに届くようにNTTや郵便局で申し込みましょう。葬儀の際に読み上げられるものですから、忌み言葉などは避けてください。申し込む際に弔電であることを伝えておけば、それにふさわしい用紙が使用されるでしょうし、文例も用意されてあるためそれを利用するとよいでしょう。故人の家族だけでなく上司や親戚も参列する場で読み上げられるのですから、当たり障りの無い文章が無難です。奇抜な文章は故人の品格を落とすだけです。まずは弔電を打っておいて、後日香典を持参するとよいのです。

受付でのマナーについて

もしも代理出席で参列する場合、そのことをことを必ず伝えるようにしましょう。本人が出席できない事情を完結に伝えた上でお悔やみの言葉を述べます。香典の表書きに書くのは出席できなかった本人の名前ですし、記帳も本人の名前を書いてください。その際、本人の名前の下に「代」の文字を、妻が出席している場合には「内」と書いておくことで、あとで遺族が香典を整理する際に困らないで済むでしょう。 お悔やみの言葉やふくさから香典を出して受付に出す、など基本的ルールは同じです。 代理人としても突然のことで都合が付きにくい場合には、葬儀ではなく通夜に出席してもどちらでもかまいません。年齢的にある程度までなっていれば子どもに代わりに出席してもらうという手もあります。

香典返しや供養の品について

代わりに出席した人物にも同じように香典返しや供養の品は渡されるはずです。そちらは預かっておいて葬儀での様子を報告すると共に本人に手渡しするようにしてください。 上司の代わりに出席した場合には、代わりに受け取るよう言われることもあるかもしれませんが、元々香典として持参したお金は上司のものです。そのため一度は辞退し、それでもと言われたら受け取るとよいです。 もしも通夜に参列した場合は通夜振る舞いの席に招かれることもあります。招かれた以上はそれに従って出席するのがマナーですが、故人と何の面識もないただの代理人の立場です。長いはせず早めに辞去しましょう。どうしても抵抗があるなら丁重にお断りしてそのまま帰っても特に礼儀違反とはされません。

まとめ

お付き合いがあった相手が亡くなったのですから、できれば最後のお別れに行きたいところです。とはいえ、忙しい現代人、突然の死であればあるほどどうしても行けないということもあるでしょう。 そんな本人の思いを故人や遺族に伝え、葬儀の様子を本人に伝えるのが代理人としての役割です。代理人としては故人はまったく見ず知らずの相手かもしれませんが、代理で出席する以上は礼儀を守り、その葬儀を見届けましょう。 あくまで、本人としての立場にいるため参列者として並ぶ場所も本人の立ち位置です。分不相応な場所かもしれませんが、本人の代わりにきちんと見届けるのですから、どうどうとしてればよいのです。

無料資料請求はこちら お急ぎの方はこちら