メールでもOK? 葬儀の案内状、報告の返事の書き方

近年になってスマートフォンやタブレットなどのモバイル端末を所持する方が増えてきたこともあり、電話やメールでの連絡方法が身近になってきています。メールはお悔やみの言葉をメールやLINEなどのメッセンジャーを利用することはマナー上良くないことだと躊躇してしまう方は少なくありません。 しかし結婚式など計画的に進めるお式とは異なり、葬儀の連絡は迅速に行う必要があると考えられていることから、はがきやFAXなどの文書として送る以外にも、メールと言った方法を利用することも近年になっては当たり前といわれています。 メールだからこそ適切な例文などを参考にして、適切な文例の書き方にすることが重要になります。

葬儀の案内状はメールでもいいのか

親族の誰かが亡くなり、葬儀を速やかに行う必要が出てきた場合、一般的なマナーとしては葉書やFAXなどを利用して文書として送る方法の他に、電話などを利用してできるだけ迅速かつ正確に伝えるべき方に連絡をすることが重要になります。しかし電話の場合時間によってはかけることができない場合も出てきますので、そのような時にはメールを利用すれば大人数にも短時間で連絡をすることが出来るメリットがあります。 葬式の会葬案内は親族間、会社関係、友人・知人の3つに分類されるので、メールを送る相手に合わせて文例は異なってきます。例文などを参考にして相手に合わせた文例にまとめておき、簡潔に相手と連絡をとる事が重要になってきます。

葬儀の案内状の返事の仕方

会葬案内が自分の元に届いた場合、できるだけ速やかに返信をすることが重要になります。一般的には通夜や告別式の日時、宗派の確認をした上で駆けつけることが重要になります。これは故人や遺族のお付き合いの深さに合わせてどう返事をするか考えることが大切といわれています。 さらに返事の仕方として、忌み言葉や重ねた言葉を避けるようにすることや、相手を思いやる言葉をかけるなど最低限のマナーを守ることが重要です。しかしお仕事の関係上、海外にいる場合や病気で療養中で移動することができないなど葬儀に出席できない場合も出てきます。相手に欠席する旨を返事で伝える際にはメールやお悔やみの手紙と共に香典を郵送することが一般的な返事の方法となっています。

葬儀の報告の連絡の入れ方

始めて親族の葬儀を執り行うという方は、葬儀の報告の入れ方や入れる人への範囲がわからないという方も多いです。基本的に訃報を伝える相手と順番としては、親族では三親等くらいまでを目安にして兄弟姉妹、おじおば、甥や姪、いとこや孫に連絡を入れます。故人の関係者には友人、会社関係の方や学校関係の方に連絡をする事が一般的です。 連絡を入れる際の注意点として、家族の判断や故人の意思を優先して訃報を知らせる範囲を決めるようにすることや、葬儀の規模、生前の関係性を考慮して連絡範囲を決めるようにしましょう。近親者のみで葬儀を行う方法も近年になって増えてきているので、葬儀後に通知するという方法もありますので葬儀方法に合わせる必要があります。

まとめ

これまでの習慣やマナーとしては、葬儀に関する連絡方法には葉書やFAXなどの文書を利用する必要があり、メールの利用はマナー違反だと考えられていました。しかし結婚式の連絡と異なり、お葬式の連絡は、迅速に正しい情報を相手に伝える事を重要視していることから、近年ではメールでの連絡方法も一般的になっています。 またメールを利用することで、親族だけではなく仕事関係や友人関係まで幅広く伝えることが可能になっているので、相手からの連絡などを含めても身内の負担を軽減させることが出来るメリットがあります。 ただ会葬案内のメールを送る場合、送る相手に合わせて文面は変わってくるので、親族間、会社関係、友人知人あての例文を確認しておく必要があります。

無料資料請求はこちら お急ぎの方はこちら