生花と造花はどちらがいい? 供花以外で葬儀の場でお供えできるもの

昔から続く慣習だけに葬儀の場ではあらゆる決まりごとがあります。忌み言葉のように言ってはならない言葉もありますし、もしも香典以外に供物や供花をお供えしたいと思った場合にもルールを守って選ばないと失礼に当たるのです。 地域ごとの慣習というのもありますが、とりあえずは一般的なルールだけでも知っておくと便利です。その上で、年長者や地域の方に意見を求めるようにしましょう。せっかくの気持ちが伝わらないどころか、遺族が不快な思いをするものや始末に困るようなものを送ってはいけません。高すぎるものを送ると香典を用意する場合に先方の負担が大きくなってしまうため気を使わせてしまうかもしれないのです。

葬儀でお供えするものとは

もしも香典以外に何かを送りたいというならお花が無難です。故人への手向けに送る花を献花・祭壇の装飾効果も持つ花を供花と言います。供花がたくさんあれば祭壇も華やかに彩られるでしょう。白菊をメインとして生花を送るのが一般的です。ただ最近では洋花も使われることが多くなりました。とはいえ、担当葬儀社に直接お願いした方が祭壇に統一感が出てくるため、独自に手配したり当日になって持ってきたりするのはやめましょう。逆に迷惑になってしまいます。宗教ごとにおすすめの花が異なるので注意が必要です。 昔は造花でできた花輪を出すのが一般的でしたが、最近では花輪自体が外観の問題から禁止されている斎場も多いです。供花をするにしても事前に遺族に相談することが無難です。

お供えできる果物について

供花以外にも一般的なお供え物として果物があります。盛り籠形式で飾ることで祭壇が華やかになりますし、果物というのが殺生の概念から外れるので葬儀という場にもふさわしい贈答品です。物にはよるものの日持ちもするのでお供えしやすいのです。 ただし、こちらも宗教別で避けた方がよいものというのが存在するため、気をつけましょう。盛りかごには果物だけでなく菓子や茶葉類・故人が好きだったものなども入れるとよいでしょう。こちらも担当の葬儀社で依頼する方が安心です。もしも喪主側が供物や供花を辞退している場合、その場に持参してしまうとずっと持ったまま参列せざるを得なくなります。当日の持ち込みは避けてください。地域によっては供物は持参すべきというところもあります。

お供えにかける費用の相場

遺族はいただいた香典や供物を元にお返しの相場を考えます。高すぎる品は先方の負担となるため香典とあわせて数千円程度までとしておきましょう。香典辞退の葬儀で香典代わりに贈るのもよいでしょう。 盛り籠や供花には札名がつけられるため、誰が送ったかは明確です。葬儀の場がどういった会社とのお付き合いがあるかというアピールの場となることもありますが、自分のところだけ妙に豪華すぎる供物を送っていることが明白になると逆に社会人としての常識が問われることに、他との兼ね合いも考えておいた方がよいです。札名の書き方などにもルールがあるため、葬儀に使うことを説明すると共に、そういったものを用意するのに慣れているお店を使ってください。

まとめ

花や供物で飾られた祭壇は華やかで故人を思う気持ちが現れるものです。とはいえ、それほど故人との関係が深くは無いにも関わらず大きな供花は滑稽ですし、送られたものを元にお返しをする遺族のことも考えねばなりません。 まずは喪主の方に問い合わせてみましょう。あなたの気持ちが押し付けにならないためにも、正しいやり方で送るべきです。仏教式では良いとされるものでもキリスト教式にはNGのものもあるので、宗教も尋ねておいてください。前回の葬儀では大丈夫だったからといってそれが毎回許されるとは限りません。 特に、会社の代表として送る場合には、会社の名前が前面に出されます。常識ある社員がいるかどうかが一目で分かってしまうのです。

無料資料請求はこちら お急ぎの方はこちら