正式な呼び方を知っていますか? 葬儀の場における親族の呼び方

結婚式と違って、訃報は突然舞い込んでくることもあるものです。予定が合えば最期の機会に通夜や葬儀に参列することもできますが、タイミングによっては難しいこともあるでしょう。すでに入っている予定をキャンセルできれば良いのですが、遠方だったりどうしても外せない用事が入ってしまうと、参列も難しくなります。

そのようなときは弔電を出すことによって、哀悼の意を表すことができます。弔電はなかなか出す機会もないものですが、喪主から見た親族などの呼び方には注意しておかなくてはなりません。親族の呼び方にもいくつか種類があります。また、「哀悼の意」という言葉も弔電の中の言葉ですので、実際の会話では使用しないほうがよいでしょう。

葬儀における一親等親族の呼び方

葬儀の弔電は喪主に送るものですから、故人と喪主の関係をしっかりと理解しておかなくてはなりません。喪主の両親、配偶者の両親、娘や息子が一親等の親族に当たります。喪主の父親だった場合は「ご尊父様」、母親だった場合は「お母堂様」、義理の父親だった場合は「御外父様、御岳父様」、義理の母親だった場合は「御外母様、御岳母様」などと言った呼び方があります。

喪主の配偶者が亡くなった場合は「ご主人様や旦那様、ご令室様や奥様」などと言った呼び方があり、適切に選択しなくてはなりません。娘や息子が亡くなった場合はご子息様、ご息女様、お嬢様などと言った呼び方があります。長女や次女、長男や次男といって兄弟の生まれた順番に関しては特に決まりはありません。

葬儀における二親等以上の親族の呼び方

弔電 二親等

基本的には故人にとって最も近い親族が葬儀を行うことになるため、一親等親族の敬称のほうが電報では使われますが、喪主の両親がすでに他界していて祖父や祖母の葬儀を行うようなケースや兄弟の葬儀を行うケースでは呼び方はそれほど難しくありません。

祖父や祖母ではご祖父様、ご祖母様、兄弟や姉妹の場合は兄上様、ご弟様、姉上様、お妹様と言った使い慣れた呼び方が一般的です。妻や夫の家族構成次第では若いうちに喪主を経験する可能性もあります。

参列することができれば弔電を出す必要はありませんが、弔電が必要になる場合は家族構成などを予め確認しておくようにしましょう。準備する期間が短くなってしまうため、あまり時間をかけることもできません。NTTの例文などを参考にして見るのも良いでしょう。

家族ぐるみの付き合いがあった場合の葬儀

家族ぐるみの付き合いをしていた場合、例えば娘の友人の祖父の葬儀などの知らせが入ることもあります。そのようなときに気を付けなくてはならないのが、一番仲の良いのが娘の友人だとしても、葬儀の喪主を誰か勤めているか確認しなければなりません。

娘の友人が喪主というケースは少なく、その両親が喪主になっていることが殆どです。娘の友人目線で「ご祖父様」と出してしまうと、喪主である両親からしてみると違和感を感じます。喪主と個人の関係性がわからない場合は葬儀場に確認をすることで教えてもらうことができますので、間違えがないように気を付けましょう。

まとめ

どんな健康な人でもいつかは死んでしまいます。年齢が上がってくれば来るほど葬儀に関わる機会も増えてきますので、マナーで恥ずかしい思いをすることがないように親族の敬称などは確認しておくようにしましょう。喪主との面識がなくても弔電のあて先は喪主になります。また、喪主がわからなかったり確認ができなかったときは、故人の名前+ご遺族様としても問題ありません。

弔電を出した時は、後からお礼状をお送りすることになるので、故人との関係や誰から送られたものなのかも明確にしておかなくてはなりません。 マナーはもちろん大切ですが、弔電は亡くなった方とご家族に気持ちを伝えるものですので、テンプレートに頼りすぎず、自分の気持ち言葉にすることで故人様も喜ばれるでしょう。

無料資料請求はこちら お急ぎの方はこちら