葬儀や法要にお坊さんを呼ぶ場合の手配の仕方とお布施について

一般的に多く行われているお坊さんに行ってもらう葬儀を仏式葬儀、宮司さんが行う神式の葬儀を神葬祭といいますが、仏式の場合はお坊さんを手配して来てもらい葬儀を執り行うことになり、そのお礼としてお布施をお渡しします。来てもらう人によってこの金額は大きく変わるとされていますが、中には明確な金額を言われず「お気持ち程度の金額で・・・」とおっしゃる方も多く、そんな時はいくら程度包めばよいのか迷ってしまうでしょう。また、普段お寺とのお付き合いがない場合、お寺にお願いするとしてもどうして良いか迷ってしまうでしょう。今回は一般的に多い仏式の葬儀の際に必要となるお坊さんの手配の方法やお布施の相場についてご紹介します。

既にお寺とお付き合いがある場合

生前にお墓を購入していたり、一族のお墓に入る予定の場合は、特別な理由がない限りそのお寺にお願いしてください。手配の仕方はお寺に連絡をしてお坊さんにお願いをしましょう。そうすれば、葬儀屋さんとお坊さんが連絡を取って日程などの調整をしてくれることが多いです。この時に、お布施について聞いておくことをおすすめします。 「布施」とは信者が僧に財物を施し、それに報いるために法を説くことという意味もあり、定価が決まっているものではありません。そのため「お気持ち程度で・・・」と言われることが多いです。しかし、金額には相場がありお寺によって変わります。「気持ち」といっても数万円だけというのは失礼になってしまうので、相場から包む金額を決めるようにしましょう。

お布施は読経料や戒名をつけてもらうための費用

元々の意味は「信者が僧に財物を施し、それに僧が報いる」という意味がある布施ですが、葬儀の際は読経料や戒名をつけてもらうための費用のことです。お経はお通夜と葬儀の時にあげてもらいます。戒名とは故人につけられる名前のことで、戒名は位牌やお墓に刻まれることになります。お布施の相場としては全国の平均金額を見てみるとよいでしょう。全国平均金額は約55万円程度となっています。お寺の相場が分からない場合は、相場程度の金額を包むことが多いです。 お寺が決まっていない場合は、葬儀屋さん経由で依頼することになる場合もあり、そのような場合は金額が決まっていることもあり、会社によっては平均額より安いこともあります。また、親族が代々入っているようなお寺の場合、遠方から来てもらう場合もあります。その場合は交通費や宿泊費も必要になることもあるので確認してください。

お坊さんの手配に困ったときには

普段お寺との付き合いがない場合、普段お付き合いのないお寺にお願いすることも可能ではありますが、相場などもわかりませんし、どこに頼めば良いかも考えなければならず何かと不便でしょう。そのような時は「おぼうさんどっとこむ」がおすすめです。「おぼうさんどっとこむ」に依頼すると、葬儀場の手配からお坊さんの手配まで全て手伝ってもらうことができます。また、葬儀場が決まっている場合はお坊さんの手配だけ代行してもらうということも可能です。 葬儀の際にトラブルになりやすいのが、見積もりを出してもらえないことがあったり、お布施などで総額が高額になってしまったりすることがあります。こちらにお願いすると事前相談できちんと見積もりを出してもらえます。この見積もりでも安心なポイントがあり、それは見積もりにはお布施などかかる費用は全て含まれているということです。

まとめ

葬儀を行う時の費用で大きな割合を占めるのがお布施です。定価がないというのは何かと悩んでしまうものです。お寺が決まっている場合には事前にきちんと確認しましょう。確認した上で「気持ち程度」でということであれば、相場程度の金額を包んでお渡しするのが一般的です。 葬儀を依頼する会社によっては終わるまで金額が明確にわからず、最終的に高額になってしまったというトラブルが起きることもあるとされています。普段からお寺と付き合いがあれば問題ありませんが、全く付き合いのないところに頼むとなるとこのようなトラブルも起きがちです。お寺が決まっていないのであれば、今回おすすめした「おぼうさんどっとこむ」に相談してみてはいかがでしょうか。

無料資料請求はこちら お急ぎの方はこちら