葬儀の生前予約のメリット 見学や契約内容、予約などの手続きについて

自分が希望する葬儀の形式を家族や親戚、親しい人などに伝えておくことは一般的に良く行われていますが、最近ではもう一歩踏み込んだ形で、自分の葬儀を手配する生前予約をする人が増えてきています。これまでの葬儀は、亡くなった人の希望をできるだけ叶える形で家族などが葬儀を手配するスタイルが多かったため、自分の葬儀については知らないまま送られることが普通でした。生前予約は自分の葬儀を自分自身でプロデュースすることができるので、自分の最後のセレモニーを自分の希望を納得できる形で行うことができ、参列する人や家族にとってもその人を感じることができると評判が良いことが特徴で、メリットが多く今後はますます生前予約をする人が増えていくと予想されています。

自分の葬儀の生前予約とは

年齢を重ねるほど、親戚や友人などの葬儀に参加する機会が増え、自分の好みに合う式や合わない式など自分と重ね合わせて希望や理想が出てくることがあります。最近は、自分の一生を終える準備をする人が増えてきているため、自分の葬儀について考える人が増加しており、自分の時には自分で決めたい、という願いをかなえる生前予約のサービスを検討する人も増えてきました。事前に内容を自分で決めて申し込みをしておくというもので自分の希望やこだわり、好みに合わせた内容や費用などについて決めておくことができるサービスです。自分の一生や家族、参列することになる人のことなどを考えながらじっくりと決めることができるので、生前予約をすることで人生の整理ができ、精神的に落ち着いて余生を楽しむことができると評判が良く人気があります。

生前予約のメリットとデメリット

自分でプロデュースした葬式を自分で予約する生前予約は、残された人が故人の希望にそった葬儀ができるところが大きなメリットです。家族などが自分の好みや趣味、生き方を反映させて手配をすることはとても大変で、これでよいのかという迷いが生じることも多いものです。自分でプロデュースするなら自分の好みやこだわりを反映させた満足できる式ができるので、自分も家族も気持ちが楽な上に、満足度が高い式を挙げることができるというメリットがあります。また、生前予約をすることで、事前に本人が申し込みをすることで割引になっていることが多く、不必要な内容や装飾品を省いて、好みのものだけを手配することができることによる費用の削減も期待できるということもメリットです。一方、縁起が悪いというイメージがあることはデメリットですが、家族とよく話し合って決めることで、良い方向に進み残りの人生を大切にすることができる場合もあります。

自分で生前予約をする方法

自分で自分の葬儀を手配するためには、どこの葬儀社を利用するかを決める必要があります。自宅に近い場所を選んだり、参列しやすい場所を選んだりといろいろな選択肢の中からひとつの会社に決めることになるので、選び方が分からないという人も多いようです。事前に見学をさせてくれる会社が多いので、いくつかの葬儀会社に見学を申し込み、実際に式場を見たり、プランの説明を聞いたりすることから始めるとよいでしょう。費用についても複数の葬儀会社を比較することで、相場を知ることができ、自分が支払うことができる範囲の式の規模などが分かります。数社の見学をした後、自分が希望する内容を大まかに決めて見積もりを出してもらうと費用の比較をすることができます。申し込みは比較的簡単に行うことができるので、申し込みを急ぐよりも納得できる会社を見つけるまで、時間をかけて見学することがおすすめです。

まとめ

<自分の葬儀を自分でプロデュースすることができる生前予約は、縁起が悪いと思われることはありますが、しっかりと話し合い見学などの活動を家族と一緒に重ねることでより良い生き方が分かったり、家族や友人などに感謝の気持ちを伝える良い式を行うことができることにつながるメリットがあります。また、必要な分だけの内容を盛り込むことで費用の削減ができたり、割引を受けることができることもメリットです。残された家族にとっても、故人を感じることができて、心残りがない良い式を行うことができ、悲しみや手続きなどで気持ちが落ち着かない時に慌てて手配をしなくてはならない事態を避けることができるので落ち着いた気持ちで、故人との別れに集中することができるというメリットがあります。/p>

無料資料請求はこちら お急ぎの方はこちら