知らないと高く払うことも… 葬儀費用の相場と平均

家族が亡くなった時、大事な別れの場にするのに納得のいく葬儀をしたいものです。さまざまなことを決めなくてはいけませんが葬儀費用は気になるもので、料金を安く抑えたい場合でも葬儀の式場やグレードなどにおいていろいろな費用が発生します。葬儀にどのくらいの費用がかかり、どれぐらい安くできるか知っておくと今後の葬儀費用決定にも役立ちます。何も知識のないまま葬儀社を決めてしまうと思いがけず費用が高くなることもあり、激安という名前に惹かれて実際葬儀を行うとプラスアルファがあり、結局高くついてしまったというケースもあります。トラブルなどを未然に防ぐためにも事前に調査しておくことをおすすめします。

地域によって金額に差があります

葬式費用は主に葬儀一式費用や飲食接待費・寺院の費用などがあげられます。だいたいの葬儀費用全体として200万円と言われていて、地域によって費用が異なります。特に首都圏の葬儀費用は平均額や相場が高めになっていて、地方に行くほど費用が安くなる傾向です。葬儀にこだわるとかなり金額が高くなり、500万円〜800万円ぐらいになる人もいるでしょう。安く抑えるなら20万円〜50万円に設定することができるので、葬儀社とよく相談することをおすすめします。葬儀の金額は形式や規模・地方の習慣などによって大きく差が出たり、葬儀に出席する人の数でも大きく変わってくるでしょう。最近では身内の人で葬儀を済ませる家族葬や個人葬などが増えてきていて100万円ぐらいで行うことができます。葬儀はどこで開催するかでかなり差が出るので、事前にいくつか見積もりしておくと便利です。

一括見積もりが便利です

最近ではインターネットを利用して一括して見積もりができるサイトがありますが、葬儀に関してこのようなサイトを利用することが可能です。一括見積もりサイトにはいくつかメリットがあり、例えば住まいや条件などに関して一回の入力で複数の葬儀社を一括見積もりすることができます。大手の葬儀社が参加しているので厳しい審査基準をパスした信頼できる葬儀社を比較することができたり、葬儀費用の平均額や最安値を検討し希望やニーズに合ったプランを選択することが可能です。基本的に見積もりは無料で、24時間365日利用することができます。短時間で調べることができ、予算に応じて選択することができるでしょう。尚、激安を前面に出している業者はトラブルなどが発生することもあるので注意が必要です。

葬儀費用を抑えることができます

葬儀費用をいくらか安く抑える方法がいくつかあります。例えば国民健康保険や後期高齢者医療保険の被保険者が亡くなった場合、被保険者の住所がある役所に申請すると葬祭費として給付金や補助金などが支給されることがあり支給額はエリアによって異なります。葬儀に関して原価を知ることが大切です。棺や収骨用具などといった基本的諸品は必要となるものですが、原価率や何がプランに含まれているかは各社の料金によって差があります。スタッフのサービスといった人的要素や祭壇、生花か造花などでも原価に違いが出てくるでしょう。少し質を下げると予算を抑えることができ、葬式費用を安くすることが可能です。葬式費用は基本的に相続税の課税がされないことになっているので、相続税などの税金を下げることができます。

まとめ

葬儀を行うにはいろいろな費用が必要になります。通常の葬儀や最近では家族葬といった低コストな葬式を行うことも可能です。エリアによって費用は異なり都心部になるほどコストは高くなる傾向があります。最近ではインターネットを利用すると一括で見積もりすることができるので便利です。葬儀社ではそれぞれ費用が異なるので事前に調べておくことをおすすめします。地域によっては葬儀費用に関して給付金などが支給されることもあり費用を抑えることが可能です。葬式用具の原価を把握することで費用を下げることができたり、葬式費用は相続税として課税されないことになっているので税金対策に利用することができます。

無料資料請求はこちら お急ぎの方はこちら