葬儀を執り行う上で起こりやすいトラブルと、滞りなく行うための対策

人は必ず亡くなりますから、葬儀は避けて通ることはできません。しかし、だからといって何度も出すものでもありませんし、家族だけの問題ではありませんのでトラブルになってしまうことが多いです。費用のことや親戚とのお付き合いなど、葬儀に絡んでトラブルになってしまう事例は数多くあります。大切な場面ですから、なるべくならトラブルは避けて滞りなく行いたいものです。葬儀を執り行う上でのトラブルは知識不足によるものが多いですから、大切な葬儀の場面でトラブルを避けるためにある程度の知識を持っておくのが一番です。業者任せにせず、起こりやすいトラブルとそれを避けるための対策を知っておきましょう。

思っていたよりも費用がかかった

費用のことは最も多いトラブルです。しっかり確認して納得のいく範囲内にできるようにしましょう。トラブルを避けるためには、トータルでいくらかかるのかをしっかり把握することです。業者から提示された見積もりには、最低限必要な物やサービスしか含まれていないことが多いです。そのため、追加の費用が発生し、それにより費用が膨らんでしまうというケースが多くあります。プランに含まれている費用しか発生しないというケースばかりではありませんので、細かい部分までチェックすることが必要です。 葬儀の際には、火葬場の利用料金や搬送にかかる費用、ドライアイスなどの費用がかかります。火葬場の費用についてはどの地域でも有料ですし、料金の設定は異なります。プランに含まれていないケースも考えられますので注意しましょう。

親戚から文句を言われた

葬儀は地域によってもしきたりが異なりますし、最近は家族葬なども増えていますので親戚から文句を言われるなどのトラブルも考えられます。故人の考えだから家族だけで済ませればよい、というものでもありません。家族葬の場合には、親族や親しい方のみ少人数で行いますから飲食や接待にかかる費用が少なくて済み、費用を大幅に抑える事ができます。参列者への対応なども減らせるため、故人や親しい方とでゆっくり過ごしながらおくることが可能です。だからといって、親戚との関係をないがしろにしてよいというものでもありません。そのため、故人の人間関係を把握した上で決めて動くということが大切になります。親戚には事前に話を通しておくなどトラブルにならないようにしておきましょう。

香典や互助会で葬儀費用を賄おうと思っていたが足りなかった

いただいた香典で費用を賄おうと思っていたが、予想より香典の金額が少なかったり、葬儀の費用が膨らんでしまったといった事例もあります。会葬者が増えれば飲食や接待にかかる費用も増えるため、香典で葬儀費用の全てを賄うのは無理があります。互助会を利用する場合には会員割引などのメリットがありますが、積立金のみで費用が賄えるケースは多くはありません。そのため互助会を利用するのであれば、契約内容をしっかり把握して納得のできる内容かどうかを確認しておくことが大切です。立派な設備を利用できるかわりに式場利用料や祭壇費用が高額である場合も多いです。他社との比較もしっかりと行い、納得のいく内容のプランを選ぶようにしましょう。

まとめ

葬儀にはトラブルがつきものです。プランのなかに必要とするサービスや品物がキチンと含まれているかを確認するなど、プランの確認をしっかりすることや総額が幾らになるのかを把握しておくといったことを意識しておきましょう。人が亡くなってから必要となる費用は、葬儀業者へ支払うものだけではありません。全て含まれていると言われても、最初から業者の担当ではない内容の事柄もありますので勘違いしないことが大切です。分からないことだから業者任せにするというのではなく、主導権を持って執り行うことが大切です。しかし、注意していてもトラブルになってしまうことはあります。そのようなときには、消費者ホットラインや法律専門家に相談するなど速やかに対策をとりましょう。

無料資料請求はこちら お急ぎの方はこちら