葬儀を密葬で執り行う際に気を付けるべきこと

今までは密葬というものは著名人などが行うことが中心で密葬を行った後に本葬と呼ばれる葬儀を行うことが普通でした。しかし今では家族など親しい人だけで行う葬儀のことも密葬と呼ばれるようになり、本葬を行わない葬儀が増えてきています。人生の最終段階である葬儀を行う時には様々なことに注意をする必要があり、事前に十分な知識をつけておくことが大切です。いざという時に急に色々なことを決めなくてはならず、後で後悔をしてしまわないように、準備をしておきましょう。葬儀をする時には葬儀の規模の大きさによって注意点が変わってくるので、少人数で葬儀を行う場合の注意点について考えていきましょう。

密葬をする前に相談しておく

まず葬儀の段取りを決める際にどのような葬儀内容にするかを決めなくてはいけません。この時に最も身近な人が決定権を持っていることが多いと思いますが、故人には多くの人が関わってきていることを忘れてはいけません。自分が葬儀を小さくしようと思っていても親戚の中には反対意見をもつ人もいるかもしれないということを覚えておく必要があります。一度葬儀の規模を決定してしまってからでは、変更をすることが難しくなるので、決める前に相談の連絡だけはしておきましょう。一度声をかけておけば、もしも意見が違ったとしても後でトラブルになることは避けられますし、どうしても親戚の意見が強ければそちらの意向に沿った方法で葬儀を行うという選択肢も考えておくようにすると良いと思います。

弔問客が増えることを想定しておく

密葬というのは呼ぶ人を限って行う形式なので、出たいと思っていても出られなかったという思いを抱く人が出てきてしまいます。そういった方は式後に個別で弔問客として訪問されることが多く、葬儀は簡単に済んでも、その後に弔問客の対応に追われるという可能性があるので、そういった手間暇を考えておく必要があります。もしくは弔問客は受け付けないという連絡をしておくと、葬儀の後に対応で追われることが避けられるでしょう。しかし完全に弔問客を断ることは難しいので何人かは自宅への訪問があると思ってお返しなどの準備を事前にしておいたほうが良いでしょう。式の後に自宅に訪れる人が多いので式後の数日間は自宅も整えておく必要があります。

呼ぶ人を決めることから始める

密葬を行う時に最も難しいのが誰を呼んで、誰を呼ばないかを決めることです。呼ぶ人数を少なく抑えたい場合は特に呼ぶ人の選別に苦労することがあります。中の良いグループの場合にはグループ全員を呼ばないと後でしこりが残ることがあるので、グループの全員を呼ぶことができない場合には思い切って、グループ全員を呼ばないという選択をしておいたほうが良いでしょう。誰が呼ばれたということは、他の人に知られてしまうことが多いので、事前にきちんと説明をしておくか、家族や親せき以外の人は呼ばないという形式にしてしまうほうが、友人関係などに誤解を及ぼしてしまうことを予防できます。呼ぶ人の選別には思っている以上に時間がかかることがあるので事前にある程度考えておくと良いでしょう。

まとめ

密葬を行う時には、通常の葬儀を行う時とは違った難しさがあり、メリットが大きい半面デメリットもあることを良く覚えておきましょう。しかし、デメリットのいくつかは事前に準備をしておいたりすることで予防することもできるものがあるので、どれだけ準備ができているかが重要になります。故人の思いを取り入れることも重要なので、もしも可能であればどのような形式にしたいかということを本人に確認しておくと、いざという時に決断をくだしやすくなるかもしれません。密葬は小さな式ですが決めることはたくさんあり、一人で抱え込んでしまうと疲労が蓄積されてしまう恐れがあるので、親しい人に相談をしながら決めていくようにすると良いでしょう。

無料資料請求はこちら お急ぎの方はこちら