葬儀が終わったらすべきこと… お仏壇の知識と供養の仕方

家族が亡くなった悲しみと動揺のなか慌ただしく葬儀を終えた後も、喪主や遺族には香典返しをはじめとする返礼や各方面への挨拶や連絡のほか役場や銀行などへの手続き、喪中はがきの準備等、なすべき大切なことが幾つかあり、一息つく前に速やかに着手する必要があります。中でも初七日や四十九日法要、仏壇やお墓とその後の供養など仏事に関わる大切なことについては葬儀が終わったら考えるというよりも、葬儀の時から情報収集しつつ準備について心づもりをしておくほうが、日にちが近づいてから慌てることなくスムーズに取り計らうことが可能になります。特にこれまで自宅に仏壇が無かった人は、遅くとも四十九日法要までに用意しておきたいものです。

四十九日の法要までは気を抜かず対処

悲嘆にくれる中にも気が張り詰めていた逝去から葬儀までの日々が終わったらホッと一息つきたいものがありますが、喪主や遺族にとっては四十九日の法要を終えてお墓に遺骨を納めるまでは供養というよりも葬儀の流れが一部継続している状態と考えておくほうが無難です。現代では初七日の法要は葬儀の際に同時に行うケースが少なくありませんが、初七日法要として後日行う際、葬儀前後にその手配を僧侶と相談する必要があり、四十九日法要もその際に一緒に決めておくと安心です。四十九日と言ってもその少し前までに行っておくほうが望ましいことから、その直前の休前日など親族が集まりやすい日にちを決めてから僧侶と相談することで希望日時に定めやすくなります。

仏壇とお墓の用意は早めが肝心

葬儀が終わったらすぐに用意しておきたいのが仏壇とお墓です。一般的に四十九日法要までに用意すれば大丈夫と言われていますが、それまでの間白木の位牌をお祀りする適切な場所が無いままでは故人の魂にとってあまり良い状態とは言えず、日々の供養を行う遺族にとっても気持ちが落ち着かないものがあります。四十九日法要の際に白木の位牌から黒色の本位牌へ魂を移し、その本位牌を仏壇に祀って遺骨はお墓に埋葬することになります。そのため四十九日までに仏壇は必須となり、お墓も納骨可能な状態まで準備が整っていることが最適ですが、これまで墓所が無かった家庭の場合葬儀後に探し始めても間に合わないケースも少なくないことから、焦らずに一周忌に納骨式を行うほうが良いとも言われます。

和室の無い住宅でも祀りやすい仏壇

これまで自宅に仏壇が無く仏間どころか和室すら無い住宅の場合、伝統的な大型の仏壇を購入しても最適な据え置き場所を探すのが困難ですが、現在ではマンションのリビングルームに置いても違和感が無いモダン仏壇と呼ばれるコンパクトサイズの製品が多数販売されています。モダンタイプの製品は基本的に洋風インテリアに合うよう明るい色合いの洋材でつくられシンプルなデザインで置き場所を選ばない雰囲気の製品がほとんどです。伝統的な製品よりもはるかにリーズナブルな価格という点でも人気が高く、洋風デザインに似合うモダン仏具も数多く販売され、いずれもネット通販で気軽に購入できる価格帯となっています。仏壇の祀り方に厳密な決まりがある宗派以外であれば選択肢の一つになり、祀り方に決まりがある宗派の場合は購入前に僧侶に相談することが大事です。

まとめ

葬儀が終わったら息つく間もなく四十九日法要や仏壇仏具、お墓の用意が必要になって来ますが、四十九日法要を経て本位牌をお祀りして納骨を済ませれば、故人への供養の最初の重要な儀式を終えたことになります。故人への思いが深いほど冷静に準備や手配を行っていくことは難しい面がありますが、必要事項に優先順位を付けて落ち着いて対処することで、葬儀前後の悲しみや動揺も徐々に落ち着いて来る面もあります。葬儀後は何かと煩雑な手続きがあり、慣れない仏事や初めての事態に遭遇することも少なくありませんが現代はネットから知識を得ることもでき、一人で頑張り過ぎず困った際に気軽に相談できる相手を見つけておくことも大切です。

無料資料請求はこちら お急ぎの方はこちら