3万円から納骨可能な納骨堂?気になる相場や内容は

首都圏や関西圏などの大都市に住んでいる方がお墓を新たに建てる場合、利便性の良い場所の霊園を利用すると多額の費用が必要です。安い霊園を選ぶ場合には、墓参りをするために交通の便の悪い郊外の不便な場所まで移動しなければなりません。このような事情で、最近は都市部を中心にお墓を立てるよりも安い料金で納骨ができる納骨堂が注目を集めています。納骨堂を利用すれば3万円から納骨をする事ができますし、市街地など交通の便が良い便利な場所にあることが多いので郊外の霊園に移動しなくても手軽に墓参りができます。納骨堂を利用する際に支払う永代供養料や、納骨をした後に必要な維持管理費についてをご紹介します。

納骨堂の一般的な相場とは

納骨堂に遺骨を納骨する際の必要な費用の相場は、地域や施設ごとに大きな差があります。一般的な施設であれば1人あたり10万円~50万円程度です。公営霊園で一時的保管するだけであれば、1人あたり3万円台でも利用ができるケースもあります。家族用の大きめのスペースを利用する場合には、100万円~120万円程度です。納骨方法によっても料金に違いがあり、ロッカー式は安いのですが仏壇式や立体駐車場のように機械で搬送される施設は高くなります。ちなみに東京23区内の寺院に限ると1人あたりの価格の平均は44万8000円という調査結果が出ていて、3万円で利用をするのは難しいと言えます。ただし地方であれば3万円でも利用が出来る施設がたくさんあります。 都市部だと価格が高くなってしまう傾向があります。それでも新たに霊園の区画を購入してお墓を建てる場合と比較すれば、かなり安い料金で納骨をすることができます。

納骨堂に納骨をするのに実際にかかる費用とは

納骨堂を利用する場合には最初に数十万円の使用料金を支払う必要がありますが、これだけではありません。骨壺を購入したり、施設ごとに指定されている専用の仏壇や位牌を制作するための料金がかかります。施設によっては一定の年数が経過した後も引き続き利用し続けるためには、追加で永代供養料を支払わなければならないケースもあります。そのため納骨堂を利用する場合には、トータルで必要な金額を考慮しなければなりません。テレビ番組などでは3万円で納骨ができると紹介されることがありますが、本当に3万円だけで納骨ができる訳ではないので注意が必要です。それでも一般的な石のお墓を新たに建てるよりも、トータルで支払う費用は少なくて済みます。ちなみに納骨用の施設は宗教法人が運営するので非課税で、同じスペースの駐車場や家を借りるよりも安い場合が多いです。

納骨堂の維持・管理に必要な費用とは

実際に納骨堂を利用する場合に必要な費用ですが、最初に納骨を行う際は永代供養料として10万円~数十万円を支払う必要があります。納骨した後にも毎年維持費を支払いをする必要がありますが、一般的な相場は年間あたり5千円~2万円ほどで、一般的な石のお墓の場合と同じです。基本的に維持費は年ごとに支払いますが、施設によっては最初に一括して支払いをすれば割引価格が適用されるケースがあります。一定の年数が経過すると遺骨が集められて合祀墓に移動して供養されます。合祀墓に移動した後は維持費を負担しなくても良いケースがほとんどです。もしも維持費が支払われなくなってしまった場合には、3年以上が経過した後に遺骨が取り出されて合祀墓に移されます。

まとめ

納骨堂を利用すれば新たにお墓を建てるよりも費用の負担が少なくて交通の便が良い場所を選ぶ事ができるというメリットがありますが、地域や施設の種類によっては数十万円~百万円近い永代供養料が必要となる場合があります。永代供養料に加えて、納骨後にも毎年維持費を支払うことが求められます。都市部に住んでいて手軽にお墓参りをしたい方や、初期費用の負担を軽くしたい方は一般的な霊園よりも納骨堂を利用した方が良いでしょう。ただし、きちんと維持費を支払い続けていたとしても一定期間後は遺骨が合祀墓に移されてしまいます。そのため納骨堂は一般的なお墓のように、何百年も使用し続けることができないので注意が必要です。

無料資料請求はこちら お急ぎの方はこちら