犬や猫だけじゃない! うさぎやハムスターなど、大切なペットの葬儀もあげられる

ペットというと、犬や猫を思い浮かべる人が多いでしょう。しかし最近ではもっと小さな小動物を部屋の中で飼っているという人も少なくありません。例えばうさぎやハムスターは昔から人気のあるペットでもあります。庭がある家庭では、うさぎなどの小動物は庭に埋葬する人もいます。ただ庭が広くなかったり、マンション住まいでそもそも庭がないという場合はどうすればいいのか悩む人も多いのです。 最近人気となっているペット葬では犬や猫といったペットだけでなく、うさぎやハムスターなどの小動物やもっと大きなペットなども手厚く葬儀が行えます。家族同様に一緒に暮らしてきたペットを最期まで見送りたいというなら知っておくことがおすすめです。

最近はペットも火葬が人気

一昔前であればペットの埋葬方法は庭などへの土葬が一般的でした。しかしペットブームの到来と共に家族の一員と考える人も増えて、火葬で見送ってあげたいという人が増えてきました。ただし人とは異なり、ペット葬の内容は未だ確立されてはおらず飼い主任せでもあるのです。動物の火葬は一部の自治体で行っているところもあるのですが、その場合は合同葬といって申し込みのあった動物が一緒に火葬されることとなります。そのために遺骨が手元に戻ってくることはありません。犬や猫・うさぎなどの遺骨を返して欲しい場合は、ペット葬専門の業者に依頼することが大切です。ペット葬儀にはいろいろな方法があるので、納得のいく内容のプランを選ぶことが重要と言えるでしょう。

骨を拾うために必要な埋葬法

ペット葬を専門の業者に依頼して、火葬を選んだからと言って大切なペットの遺骨が返ってくるとは限りません。合同葬儀は他の動物も一緒に火葬されるために骨が返ってこないのは仕方ありませんが、1体ずつ火葬を行う個別葬儀と呼ばれる方法も一般的には骨は返ってこないとされています。人と同じようにお骨上げを行いたいということであれば、立ち合い葬儀と呼ばれる火葬を選ぶようにしましょう。 もうひとつ、お骨上げを行えるペット葬としては、自宅葬といって移動火葬車を用いて葬儀を行う方法があります。うさぎなどの小動物でも対応しており、家族や友人を招いて自宅で葬儀を行うことが可能です。お坊さんによる読経などを依頼することも出来、本格的なペット葬式として最近人気となっています。

ペット専門のセレモニーホールも登場

ペット葬で個別や立ち合い火葬を依頼することは珍しいことではなくなってきました。では葬式はどうでしょう。人と同じような葬儀を行うといった人はまだ多くはありません。しかし犬や猫だけに限らずうさぎやハムスターなどペット全般を専門に扱うセレモニーホールも全国に出来つつあるのです。家族だけの少人数で出来る小さなホールや大きめの祭壇も置ける葬儀場など、希望に応じていろいろなセレモニーホールを探すことが出来ます。なかにはホールと火葬場が隣接しているといったところもあり、いろいろな希望に応じたペット葬を行うことが可能となっているのです。 大切なペットを飼っているのであれば、いつかは来る別れの日のためにいろいろと情報を集めておくことがおすすめです。

まとめ

昔であれば犬や猫などのペットは、亡くなったあと庭に土葬するのが一般的でした。しかし最近ではペットを家族同様に扱う人が増えています。そこでペット葬専門の業者を利用することがおすすめなのです。犬や猫だけではなくうさぎやハムスターといった小動物にも対応しており、立ち合い葬儀を選べばお骨上げまで行うことも可能です。 また家族や友人たちを招いて自宅葬を行ったり、ペット専門のセレモニーホールを利用して葬儀を行うひとも増えてきています。ペット葬は飼い主の希望に合わせた方法で行うための様々な選択肢があります。いつかは来る別れに日のために、いろいろと情報を集めて検討しておくことがおすすめなのです。

無料資料請求はこちら お急ぎの方はこちら