お墓を整理することができる? お墓のまとめ方、処分の仕方

以前は生まれ育った土地で育ち、先祖のお墓を守っていくというライフスタイルが一般的でした。しかし雇用状態や少子化・跡継ぎなどのいろいろな問題から、従来のようなスタイルを守っていくのは困難になっています。一昔前は長男が家の財産やすべてを引き継いで家やお墓を守るというのが一般的な考え方でしたが、最近では生まれ育った土地で生涯を送る人は少なく家を継承していくのに難しい場合もあるでしょう。仕事の関係で転勤したり引っ越ししたり、少子化などのさまざまな理由から、中には複数あるお墓をまとめる整理を行ったりどこに入るかなどの選択視も増えてきました。時代とともにさまざまなスタイルが誕生していて、選択視も以前よりも増えています。

永代供養をしてくれます

お寺にいくといろいろな種類のお墓があり無縁仏様などもいます。維持する人がいなくなると無縁仏様になるケースが多く、お寺や霊園などでは永代供養を行うような場所が設けられています。部屋を用意しているケースもあったり、合葬し目印として樹や仏像が安置しているようなところもあるでしょう。現在処分して永代供養にうつす人が増えてきています。最初に費用がかかりますが永代供養することが可能です。自分一人しか親族がいないなら問題ありませんが、他に親族がいるなら墓じまいを伝えることをおすすめします。勝手に処分してしまうと後から何かしら意見を言われることもあるので注意が必要です。同意がしたらお寺の管理者に伝え、更地にして返すことになります。お寺によっては指定業者や石材店などがあるので、後でトラブルにならないように相談しておくと安心です。

まとめるには許可が必要なケースがあります

お墓をまとめる場合はお寺や霊園の許可を取ることが必要です。工事することになるのでお寺や霊園に協力してもらう必要があり、中には決まりごとがある可能性も考えられるので確認しておきましょう。お寺や霊園から許可を取ると、工事業者や石材店を探しますが、お寺から紹介されることもあります。どのような感じで建てるかなどの具体的な相談を行うと見積もりを出すことが可能です。見積もりは石材店によって異なるので、複数の店舗に依頼し比較・検討することをおすすめします。お寺間を移動する場合はお寺の受け入れ許可証などを発行してもらいましょう。まとめる予定のものがすべて同じお寺にある場合は必要ありません。工事によってご遺骨を移動するなら、閉眼供養を行うことになります。閉眼供養は石に戻すための大切な法要です。

いくつか書類や費用がかかります

お墓を処分する場合いくつか必要な書類や費用があります。例えば埋葬証明書は500円ぐらいで発行してくれるでしょう。改葬するなら改葬許可証が必要だったり、墓石を処分し区画整理するなら100,000円ほどかかるケースもあります。基本的に更地に戻してから返却するので、遺骨を取り出すには10,000円ほどかかりますが自分で取り出すなら不要です。永代供養や改装をするなら手続きが必要で改葬地から受入証明書をもらい、改葬地のある自治体から改葬許可申請書などをもらいます。必要な書類を墓地の自治体などに提出し、お経を読んでもらって仏様の魂を抜く閉眼供養を実施します。お寺に相談すると供養してくれたり、必要な書類や費用に関して説明してくれるでしょう。

まとめ

これから先もお墓を守ってもらえる場合は心配ありませんが、子供がいなかったり家を受け継ぐ人がいないという家庭が増えています。子供に負担をかけたくないという理由からお墓をまとめる人や従来のスタイルとは異なる樹木葬などの新しい方法も登場しています。誰も守る人がいなかったらお寺に頼んで永代供養をしたり、墓じまいをする人も増えているでしょう。まとめる場合はお寺や霊園などの許可を得る必要があり、中には書類が必要な場合もあります。もし処分するならいくらか費用がいるケースもあるので、お寺を相談すると必要な費用や書類・スケジュールなどを調整することが可能です。お墓に関して新しいスタイルがいろいろ登場しています。

無料資料請求はこちら お急ぎの方はこちら