残される人への心遣い! トラブルを把握してスムーズな遺言信託を

遺言信託とは、遺言を残したい方が遺言執行者に信託銀行を指定することで、相続が生じた時には信託銀行が遺言に記載されている通りに財産分割を行ってくれるサービスです。何も決めないで亡くなってしまうと、残された家族同士で相続を争う自体になることもあるので、もめごとが起こらないように事前に準備しておくことが大切です。信託銀行は長期金融機関として、長期に渡る資金運用と調達を行っているので安心して任せることができます。費用は掛かってきますが、亡くなった後の手続きを任せることができますので遺言を残したいと考えている方は遺言信託がお勧めです。それだけではなく、資産に関してのアドバイスも受けることができます。

遺言信託をする時の流れとは

まず、遺言の作成に関する事前相談を受けます。公正証書にて遺言状の作り、保管を行います。これらは定期的に照会し、見直していくことが可能です。実際に遺言者が亡くなり、文書の通りに執行されることになると、信託銀行へ通知が行きます。遺言執行者が財産目録を作成し、遺産分割や名義変更の手続きを行い、遺言者の希望通りに執行されて完了です。これらの流れは銀行や信託銀行のアドバイスの下で、遺言書文案作成から公証役場での証人の引き受けから立会いまでを引き受けてもらえるので、初めての文書を作成される方がほとんどですが、問題なく作成から執行をしてもらうことが可能となります。自分達だけで遺言を残すことはトラブルにも繋がりますので是非専門家に依頼してください。

遺言書の作成に向いている方とは

遺言者の意志を尊重してもらえ、円滑に相続ができる遺言信託は、残された家族への思いやりでもあります。夫婦間に子供がいない場合や、相続人が配偶者と兄弟姉妹だけという方の場合、配偶者に全ての財産を遺したいという方も多いです。遺言信託を利用することで兄弟姉妹に財産が行き、トラブルになるというデメリットを未然に防ぐことができます。また、法定相続分にとらわれずに、財産を自分の思うように分配したいという方にも遺言相続のメリットがあります。相続を拒否したり、遺産相続の分配でトラブルになるのが予測される場合には事前に準備を進めましょう。相続人がいない場合、遺産は国の物になりますが、そのためにも遺言書を遺す必要があります。

相続手続きがお任せできるので楽です

遺言書がないと、遺産分割協議を相続人全員で行わなければなりません。全員の合意が必要になるため、意見が分かれるという問題点や成立しないといったリスクがあります。人数が多ければ多いほどまとまらない可能性が出てくるので、遺言者の意志を伝えるためにも遺言信託として残すことがお勧めです。また、相続人に未成年者がいると家庭裁判所に特別代理人の選任を行わなければならず、相続手続きがさらに複雑になってきます。相続人同士のトラブルや遺産相続でどう分配するのかのトラブルは起こることが多いので事前に決まっていた遺言を執行するだけの遺言信託は、残された家族にとってもありがたいシステムなのです。銀行や信託銀行は専門家なので、持っている財産についても詳しく相談することができます。

まとめ

遺言信託は、遺言者の意志を尊重してもらえ、残された家族がのちのち財産分配などでトラブルにならないようにできます。財産が多い方や子供がいない方などは、遺言を残すことで自分がしたい通りの財産分配を準備することが可能です。生前中には定期的に内容を変更することもできますし、持っている財産をどのように分けるべきかなどの相談にも乗ってもらえます。遺言文書作成が初めてでもプロのアドバイスがありますので、プロにお任せすることが安心です。亡くなった後は、遺言書に基づいて執行することになり、全て銀行や信託銀行が手続きを代行してくれるので、複雑になりがちな相続を簡単にすることができます。

無料資料請求はこちら お急ぎの方はこちら