新しい供養のかたちと話題! 海洋散骨とは?

かつては人が亡くなると先祖代々のお墓に埋葬するのが普通でした。しかし近年は、社会形態の変化に伴って、さまざまな供養の形がとられるようになりつつあります。 特に増加しているのは納骨堂や永代供養墓です。これは、お墓を継承する子供がいないといった理由の他に、残された身内にお墓の維持や管理の負担をかけたくないと考える人が増えていることがその背景にあります。 また、最近注目を集めているのが海洋散骨です。これもまた、残された身内に負担をかけない供養方法の一つです。そして自然や海を愛し、形式に囚われない人が選ぶ葬送です。ただしまだまだ海洋散骨は一般的とは言えません。 ここでは、海洋散骨とはどういった供養方なのかについて説明していきます。

海洋散骨とはどういうもの?

海洋散骨を簡単に説明すると、故人の遺骨を粉砕し、海に撒くという葬送方式です。 沿岸から遺骨を撒くこともあれば、沖合まで出て撒くこともあります。沖合で海洋散骨を行う場合は、遺骨の粉砕だけ業者に頼み、散骨は個人で行うケースと、遺骨の粉砕から沖合に出るまで業者にお願いするケース、遺族は船に同乗せずに業者に撒いてもらうケースがあります。 個人で行う場合、注意したいのが法律や自治体の条例です。場所によっては散骨を禁止しているところもあります。また例え禁止されていなかったとしても、遊泳区域や漁業区域などで遺骨を撒くことは周囲の理解を得難く、トラブルになりかねません。 散骨は大変デリケートな問題ですので、慎重に行う必要があるでしょう。そこで日本海洋散骨協会では散骨によるトラブル防止のため、ガイドラインを定めています。海洋散骨に関して助言できるアドバイザーの認定も行っています。

海洋散骨のおおまかな流れ

海洋散骨のやり方は、散骨業者によって内容が異なります。しかしどこも大まかな流れは共通していると考えていいでしょう。 散骨をする場合、まずは業者に申込みを行います。分からないこと不安なことがあれば、遠慮なくアドバイザーに尋ねましょう。親身になって相談に乗ってくれるアドバイザーがいるところを選んでください。 料金やプランを確認し、希望があればしっかり伝えます。 成約後は遺骨を業者に渡します。業者は遺骨を粉砕しますが、これは遺骨をそのまま撒くことは禁止されているためです。 その後は、代行散骨を依頼した場合と業者に船で散骨希望区域まで連れて行ってもらう場合とに分かれます。 代行散骨の場合はスタッフが海洋上の希望地点まで移動して散骨します。業者に連れて行ってもらう場合は、船上にて散骨式を行い、散骨や献酒・黙祷を行って故人とのお別れとなります。 後日、散骨証明書や写真などが業者より送付されます。

海洋散骨後の供養の在り方

一般的な埋葬の場合は、お墓参りをしたり仏壇に手を合わせたりして故人を偲ぶよすがとすることもできます。しかし海洋散骨は、分骨しない場合は後には何も残りません。 そこで散骨する以外の紛骨を手元において供養するケースが増えています。手元供養では小さな骨壺のほか、粉骨が入れられるペンダントなども市販されています。 メモリアルクルーズを行っている業者もあります。これは散骨後に骨を撒いた区域までクルーズして故人を偲ぶというものです。個人で船をチャーターする以外に、ほかの遺族との合同クルーズを行っている業者もあります。散骨ポイントの近くを遊覧船が通っているのであれば、遊覧船に乗船して心の中で偲ぶことも可能です。 海洋散骨を行っている人は散骨後にどうしているかを、業者のスタッフやアドバイザーに確認しておくと良いでしょう。

まとめ

遺族に負担をかけたくない、宗教に囚われず自然に還してほしいなどの理由から、海洋散骨を選ぶ人が増えています。そして、今後もこの数は増加することが見込まれます。 海に散骨すること自体は、法規制はなされていません。しかし、条例などで禁止している地域は存在します。海に遺骨を撒くことを快く思わない人もいるでしょう。知識のないまま海に出て散骨を行うのはトラブルの元となります。 海洋での散骨を希望する場合は、想定されるさまざまなトラブルを回避するためにも、海洋散骨アドバイザーのような専門的な知識を持つ人にしっかり相談し、アドバイスを得ることが大切です。 またほかの親族や菩提寺の了解を得る必要もあります。 しっかりと検討し、最良の方法で葬送を行ってください。

無料資料請求はこちら お急ぎの方はこちら