お墓を持たないから安い? 海洋散骨の価格の相場とは

日本のお葬式は世界一高額と言われています。仏式で通夜や告別式を行う際に多額の費用が掛かりますが、新たにお墓を建てて埋葬をする際も高額の費用が必要です。お墓を建てた後も管理を行う必要がありますし、毎年一定の管理費を霊園や寺院に支払わなければなりません。最近は埋葬料が格安でお墓の維持が不要な海洋散骨が注目を集めています。都市部を中心に海洋散骨を希望する人が増えていて、専門の業者も増えています。この方法を選択すれば樹木葬墓地を利用するよりも費用が安上がりで済みますし、宗教・宗派に関係なく誰でも利用することができます。海洋散骨を行うために必要な価格の相場についてご紹介します。

国内で海洋散骨を利用する際の価格相場とは

海洋散骨を行う方法ですが、自分の船を利用して沖合で散骨をするか海洋葬専門の業者を利用します。自分で船を出す場合の費用は燃料代だけですし、手漕ぎボートやカヌーを使えば無料です。海洋葬専門の業者を利用する場合は、散骨の方法によって価格が異なります。遺骨を業者に預ける委託散骨であれば価格相場は5万円前後です。乗合バスのように他の家族と一緒に乗船して散骨をする場合には10万円~20万円程度、1家族だけで個別に船をチャーターする場合は20~30万円です。僧侶にお経をあげてもらう場合には、5万円前後のお布施が必要です。遺骨は事前に細かく粉砕しておく必要があり、この作業を業者に依頼すると別途2万円程度の費用がかかります。内陸に住んでいる方は港までの交通費も必要です。海洋散骨をした後はお墓を管理する必要がないので、1円も費用がかかりません。

海外で海洋散骨を行う場合の価格とは

ハワイやグアムなどの太平洋でも海洋散骨を行うことが可能です。ハワイまたはグアム島で海洋葬を行う場合の価格ですが、1回につき50万円前後です。この費用にはクルーザーのチャーター費用の他に遺骨を粉砕したり献杯用ドリンク、献花・献酒代や現地スタッフの人件費などが含まれます。海外の葬儀業者を利用すると写真撮影や記念品などの付加的なサービスが付くので、日本よりも費用が高くなってしまいます。ちなみに遺族が現地にアクセスするための飛行機代や宿泊費については、葬儀代とは別に負担しなければなりません。2人でハワイまたはグアムに行って海洋散骨を行う場合には、旅費を含めて100万円程度の費用が必要となります。海外に渡航して海洋葬を行うと、高額な費用がかかってしまいます。

樹木葬と比較した場合

お金がかからない埋葬方法として、樹木葬が知られています。樹木葬も海洋葬と同じように埋葬後に維持費が不要なので、従来型の墓地を建てる場合と比較すれば格安料金で葬儀を行うことができます。樹木葬は専用の霊園に埋葬をする必要があり、永代供養料を支払う必要があります。埋葬の際に必要な費用の価格相場は数万円~50万円程度で、海洋散骨と同じぐらいです。ただし樹木葬は霊園に空きスペースがないと利用することができず、寺院が運営する一部の墓地は宗教・宗派が限定されているケースもあります。樹木葬も海洋散骨と同じくらいの価格ですが、霊園によっては制約を受けることがあるというデメリットがあります。海洋葬であれば、比較的自由に散骨を行う場所を選ぶことができます。

まとめ

お金をかけずにお葬式を行う場合は火葬のみを行う直葬(じきそう)があり、10~20万円程度の費用で済みます。直葬で火葬をした後に遺骨を引き取ってから海洋散骨を行うので、日本国内で海洋葬でを行うために最低必要な費用は15万円~20万円です。散骨をする場所によっては交通費または遺骨の輸送費がかかります。実は地方によっては火葬後に遺骨を受け取らずに施設で処分してもらうことが可能で、このような場合には直葬の費用しかかかりません。仏式の一般葬を行って石のお墓に埋葬をすればトータルで200万円~300万円もの費用が必要であることを考えれば、海洋散骨を選択すれば格安料金でお葬式を行うことができます。

無料資料請求はこちら お急ぎの方はこちら