船には乗るの? 知っておきたい海洋散骨に参列する際のマナー

最近は従来型のお墓や納骨堂を利用せずに、自然界に還ることができる自然葬と呼ばれる新しいお葬式が注目を集めています。自然葬では遺骨を自然界に撒くことが行われますが、日本国内では陸上に散骨をすることができないため、海洋葬(海洋散骨)が選択されるケースが多いです。海洋葬は宗教に関係なく誰でも実施することができる上に埋葬費用やお墓の維持管理も不要なので、都市部を中心に若い年代の人の間で人気を集めています。身近な方が亡くなって海洋葬を執り行ったり参列をする場合には、きちんとマナーを守る必要があります。海洋葬に出席する際の服装や、葬儀を執り行う時に守らなければならないマナーについてをご紹介します。

海洋散骨を行う方法とは

自然葬の方法として、日本では樹木葬または海洋葬(散骨)を選択することができます。海洋散骨の方法ですが、火葬を行った後に受け取った遺骨を粉々に砕いて米粒大以下の大きさにします。遺骨を細かく砕いたら、散骨を行う場所(海域)を決めて、船の手配を行う必要があります。海岸では散骨を行うことができないので、必ず船に乗って沖合に出なければなりません。自分で船を所有していない方であれば、海洋散骨を専門に行う業者に船のチャーターを依頼することができます。基本的に遺族が船に乗って洋上で遺骨を撒きますが、業者に遺骨を預けて散骨を代行してもらう方法もあります。希望すれば僧侶に同乗してもらい、散骨の際にお経をあげてもらうことも可能です。

海洋散骨を執り行う際のマナーとは

基本的に海は所有者が存在しないため、自由に遺骨を撒くことができます。ただし海洋散骨を執り行う際はマナーを守る必要があります。散骨を行う場合には、人骨であることを判別することができないようにするために細かく粉砕しておくことが求められます。自分でハンマーを使って粉砕することもできますし、海洋葬専門の業者に依頼することも可能です。散骨を行う場所も注意深く選ぶようにしましょう。海洋散骨は沿岸や養殖場・漁場・船舶の航路などから十分に離れている場所で行うべきです。旅客フェリーや遊覧船・釣り船などから散骨を行うべきではありません。自分で船を所有していない場合には、海洋葬専門の業者に依頼します。海外で海洋散骨を行う場合には、その国の法律を守る必要があります。

海洋葬に参列する際のマナーとは

船に同乗して海洋散骨に参加する場合のマナーですが、一般的に告別式と同じように喪服または暗い色のスーツを着用するべきであると思われがちです。海洋散骨の場合には公共の桟橋やヨットハーバーから乗船して出発するため、周囲の人にお葬式であることが知られないように配慮を払う必要があります。そのため、スーツや喪服は避けて普段着で参列するようにしましょう。海洋葬専門業者を利用する際は、きちんと指示に従う必要があります。 遺骨を海に撒く時に、副葬品として花やお酒を撒くことがあります。プラスチック類やガラス瓶・缶・骨壺などのように、自然に分解しないような副葬品を海に投棄すべきではありません。自然環境に配慮を払うようにしましょう。

まとめ

海洋散骨は新しい埋葬方法なので、お葬式の際に守るべきマナーや方法についてはあまりよく知られていません。従来のお葬式とは全く異なる面があるため、海洋葬を執り行ったり同席をする際は事前にきちんと調べておくことが大切です。特に当日の服装については、業者の方から喪服やスーツを着用しないように指示を受ける場合があります。海洋散骨は屋外で行うため、周囲の一般の方や海洋の環境に配慮を払うようにしなければなりません。当日の天候によっては船が大きく揺れたり、雨でデッキが濡れて滑りやすくなるので転倒する危険があります。出航した後は船長さんの指示に従い、安全に十分配慮して散骨を行うようにしましょう。

無料資料請求はこちら お急ぎの方はこちら