海がお墓? 海洋散骨の一周忌や法事はどのように行われるのか

日本での葬送の形と言えば告別式の後遺体を火葬しお墓に納骨するというのが一般的でしたが、最近は故人が生前に様々な形式での葬送を希望することも増えて来ました。それに伴い葬送には色々な方法が現れ選択肢が広がっています。 例えば樹木葬や海洋散骨などで自然に還りたいという希望を叶えてくれる自然葬があります。自然葬は遺骨をお墓に納めるのではなくその名の通り自然へ還すことで故人を弔う方法です。 ただ一般的な葬送と比べるとそれほど情報が多くないため、一周忌や法事などの法要はどのように行われるか分からないという人も多いのではないでしょうか。故人の意思を尊重するためには、その後の対応に困ることのないように知っておきたいものです。

海に散骨して自然に還す海洋散骨

近年注目されている自然葬の中でも自然の象徴ともいえる海への散骨をする海洋散骨は特に人気があるといわれています。母なる海ともいわれ生命誕生の地でもある海に還りたいと願う人は珍しくないのかもしれません。海洋散骨にして欲しい場合は生前に家族や親族にそのことを伝えておく必要があります。 また故人の意思ではなく経済的な理由や納骨出来ない事情を抱えている場合なども散骨して供養するという方法もあります。海への散骨は個人で行う場合届出などは必要なく、誰でも自由にすることが出来ます。ただし遺骨は必ず粉砕して粉状にしていなければならない点は守りましょう。 海洋散骨を希望する人のための業者もたくさんあり、予算に合ったプランを選ぶことが可能です。

海洋散骨のタイミングとは

一般的な葬祭であれば四十九日を迎える頃に遺骨を納骨するという過程になりますが、海洋散骨の場合は特に決まりはなくいつ散骨をしてもいいとされています。 しかし業者に依頼するとプランによっては散骨のタイミングについても順序が定められていたり、合同散骨の場合だとその申し込みの日に一斉に行うなどがあります。また一番重要なのはやはり故人が希望していた時期であるかです。生前に海洋散骨を望んでいて散骨のタイミングも指定があればその通りにするのが最も供養になるはずです。 もちろん一般的な形式に合わせて四十九日に散骨を行うのもいいでしょう。故人と遺族の両方にとって理想的な形で散骨出来ることが理想なのではないでしょうか。

海洋散骨の一周忌はどうすればいいのか

海洋散骨後に迎える一周忌にはどうすればいいのか分からないという人もいるはずです。一般的には一周忌に法事を行うのが通例となっていますが、海洋散骨の場合は特に決まりがなくお墓もないため海に向けて手を合わせたり、散骨した場所に出向き故人を偲ぶという方法があります。 また最近人気なのが命日には家族や親族で一周忌などに法要クルーズを行うというものです。個人で船をチャーターして親族で集まり再会を楽しんだり散骨ポイントまで行き献花するようです。 お墓のない海洋散骨ではお墓参りというものが難しいと考える人もいるかと思いますが、広い海のどこでも故人を感じられたり、クルージングしながら穏やかに故人を偲ぶことが出来るのです。

まとめ

人と違う形での供養というのは踏み切るのに悩むこともあるかと思いますが、それぞれの新しい方法で故人はもちろん遺族にとっても特別な瞬間となり辛い別れも素敵な思い出になるのかもしれません。人間は命が尽きたら他の生物同様自然に還るのが望ましいと考える人にしてみると、海洋散骨などの自然葬は最適な方法といえます。 また一般的に行われている葬祭はお通夜や告別式、お墓など経済的な負担も大きい面もあることから、お墓のいらない海洋散骨は経済面での問題がある人にとっても執り行いやすい葬祭であるといえます。 形式的なことにとらわれることのない海洋散骨を始めとした自然葬を選択する人はこれから増えて行くのではないでしょうか。

無料資料請求はこちら お急ぎの方はこちら