お墓に入らないという選択! お墓の処分方法や権利放棄など

昨今、お墓に入らないという選択を取る方が増えています。お墓には亡くなった方を供養するという重要な役割がある一方で、残された家族に金銭的な負担をさせるということに気が引けるという方もおられます。日本には多様な考え方の方がおられるので、入るか入らないのか、現在あるお墓をどうするのかといったことは幅広く選択可能になっています。多様な生き方が認められているだけでなく、多様な弔い方や悼み方が認められているということです。ただ、どういった方法があるのかを知っておかなければ選択の幅を狭くしかねません。そこでこの機会にお墓を持たない、建てない、あるいは墓じまいをする方法について紹介していきます。

入らないという選択もできる

お墓の中には故人の遺骨が入っていますが、このような形で入ることを好まない方もおられます。その代表的なケースが散骨です。散骨は亡くなった骨を細かく砕き、任意の場所にまく埋葬方法です。まく場所としては海や山などが多いです。全ての生き物は自然に還っていくという考え方に基づいており、生前好きだった場所にまくケースも多くなっています。昨今では超高齢社会と呼ばれており、お墓の場所が足りなくなることが予想されているため、場所をとらない散骨への注目は一層高まると予想されます。また、埋葬するとどうしても子孫に守ることの義務を背負わせることになります。それを避けたいということで散骨を選択される方も珍しくありません。

お墓をなくしてしまうことも

自身が入らないという選択をとったとしても、元からあるお墓が無くなるわけではありません。自分以降の子孫にその負担をさせたくないのであれば、墓じまいという選択肢もあります。この手順を踏まずに放置してしまうと無縁になってしまい、より寂しい状態になることも考えられます。最近では少子化により、継承者が減少したり、途絶えやすくなったりしていることも檀家をやめる理由に繋がっています。自身が入らないだけなのか、これまでの分を受け継がないのかでは大きく変わっていきます。墓がいらないとなった時になくすということは決して難しくありませんが、適切な手順を踏まなければトラブルに繋がりかねないことには注意しておきましょう。

無くしてしまう際の注意点

墓じまいをする際にはまず中に入っている遺骨が誰のものかを確認します。複数の方の骨が入っている場合、それぞれ誰のものかをお寺などにも聞いておきましょう。加えて火葬が済んでいるかも重要なポイントです。骨壺には名前を記すなど分かる状態にしておくことが大切です。墓じまいを行ったあとは遺骨の行先を決めます。この時、管理費などが発生する手段を選んでしまうと結局子孫に金銭的な負担をかけることになってしまいます。そのため、合祀や散骨、手元供養などの管理費がかからない行き先を選んで必要があります。7割以上の方は改葬合祀か散骨のどちらかを選んでいるというデータがあります。納骨堂などでは管理者の選出をしなければいけないケースもあるので注意しておきましょう。

まとめ

自分がお墓を不要、いらないと思ったとしても家族が同意してくれるとは限らないことには注意が必要です。本人は自分のことは死んだあとは気にしないでほしいと話していても、家族は亡くなった後も骨を埋めておきたいと考えているかもしれません。お墓の問題は一個人の問題にとどまらず、家族や先祖、子孫などを巻き込んだ重要な問題でもあります。そのため、何らかの決断を下す際には家族などにその内容を伝えるようにしましょう。お互いを尊重しあうことが非常に重要です。また、散骨を行うにしてもどこにまいてほしいかは明確にしておきましょう。残された家族に負担をかけたくないならなおさらそれが大切なことと言えます。

無料資料請求はこちら お急ぎの方はこちら