どこに申し込むの? 納骨堂に納骨する際の手順やかかる時間

お墓の問題は想像されている以上に面倒なことが多いと言われています。その理由はいろいろ考えられますが、お墓の立地場所があまりにも遠すぎて定期的なお墓参りが出来ないケースや、お墓を引き継いでくれる子供がいないことなども深刻な問題になることがあります。ますます少子高齢化が進む日本において、このような背景をもとに、最近ではさまざまなお墓のかたちが検討されるようになってきました。今回は「納骨堂」とよばれるお墓の種類についてみなさんと一緒に、そのメリットやデメリットなども含め考えてみようと思います。少しでも将来のお墓の不安のある方は、ぜひ一度、今回の記事を参考にしてください。

納骨堂に納骨する流れについて

納骨の時期については、仏式の場合には初七日から四十九日が普通です。いざ検討しようと思った時に気になるのが、お堂への納骨の仕方や、かかる時間のことだと思います。納骨の仕方はいくつか考えられますが、一般的な納骨の仕方としては、葬儀後に遺骨を自宅に安置し、自宅で個人との別れをしたあとに墓地に納骨する流れになります。墓地が遠い場所にあったりして、納骨をすぐにできないときには、家の近くの納骨堂に仮納骨することもあります。葬儀後の納骨の仕方はいわゆる「納骨式」の儀式に則ります。納骨法要は各お寺により違いはありますが、納骨式は、その寺院の本堂や法要室などおこなわれるの納骨の仕方の典型例と言ってよいでしょう。

納骨堂の申し込み手順

上でもお伝えしたとおり、少子高齢化などが進む日本においては、納骨堂の需要は年々高まりをみせています。ここでは納骨堂を使用するための注意するべきポイントをまとめました。最初は申し込みを検討しているところが自治体運営なのか、もしくは宗教法人であるのかを必ずチェックしましょう。自治体の納骨堂を使用する際には、一般的に、本人の住民票や使用申請書に加えて火葬許可証、印鑑などを用意する必要があります。また、寺院の場合は自治体のケースとの重複もありますが、身分証明書や印鑑、申込み料金、火葬埋葬許可証などを準備します。どちらにお願いするにしても仮に少しでもわからないことがあれば、担当の方に必ず相談しましょう。

納骨堂を利用する際の注意点

納骨堂を利用する際、なくなった後に周りの方に迷惑をかけないためにも事前の申し込みや相談をすることの大切さはお伝えしたとおりですが、申し込むにあたって宗派が問題にならないかは確認してほしいところです。宗派に関係なく利用できるところがある一方で、特定の宗派のみの受付となるところもありますので注意してください。(一般的に宗教の特定があるのは宗教法人が運営しているところにみられることがあります)また、納骨堂によっては直接お骨の前でのお参りができないケースもあるようです。このようなところでは、お供え物をしたりお線香は専用に設けられた参拝所で行わなければなりませんので、この点もあわせて注意してほしいと思います。

まとめ

最近では、公式サイトをつくり広く情報公開をしている納骨堂が多いのです。公式サイトは貴重な情報源になると思います。資料請求も無料で受け付けているようであれば、手間を惜しまず資料を請求するようにしましょう。できれば複数のところを比較検討するのが理想です。さらに理想を言えば現地の見学会まで足を運ぶことができればベストです。実際に自分の足でその場所に行ってみることで分かることもたくさんあるかもしれません。(例えば、お堂内の体感できる空間の広さや、納骨堂までの交通手段の充実度、管理運営者のスタッフの方の対応など)今回の記事を参考によりよい納骨堂選びをしていだければ幸いです。

無料資料請求はこちら お急ぎの方はこちら