宗教ごとに違うお墓の特徴と注意点

お墓といえば伝統的な仏教形式を思い浮かべるのが一般的ですが、これも江戸時代の寺請制度にはじまった習慣であり、現在では神道やキリスト教などの別の宗教を信仰している人も多く見られます。また同じ仏教でさえも天台宗や真言宗といった宗派による違いも見られます。こうした違いを理解していないと、いざというときのお墓選びが難しくなりますので、かならず意識しておくことがたいせつです。違いの大きな部分には建てられる場所や形状、表面に刻む文字などが挙げられます。特に市町村が運営する霊園ではなく民間の霊園の場合には、特定の宗教または宗派以外の人には土地の提供をしないところがありますので、いったん決めてしまってから詳細な条件を知って慌てることがないようにしなければなりません。

仏教でも宗派によって違いがある

仏教にはいろいろな宗派がありますが、宗派によってお墓のつくりには特徴がある上、お寺の境内にある霊園では他の宗派の利用が断られることがあるので注意が必要です。たとえば真言宗や天台宗は密教の系譜を引くため、墓石の表面に仏様を端的にあらわす梵字を刻んだり、宇宙を構成する要素を象徴した五輪塔を建てることがあります。また鎌倉新仏教のひとつの浄土真宗は、亡くなった人は阿弥陀如来の誓願によりもれなく極楽往生できるという思想が背景にあるため、墓石には南無阿弥陀仏と刻み、五輪塔などは建てないのが原則で、ほかの宗派とは大きく異なります。日蓮宗も法華経の信仰が背景にあるため、髭題目とよばれる特徴的な文字で南無妙法蓮華経と刻みます。

神社で葬送する場合には奥都城とよばれる

神道はもともと死のけがれには敏感でしたが、江戸幕末から明治時代にかけては仏教に対抗するために神葬祭とよばれる神道形式の葬儀が盛んになり、一部では集落のほとんどの家庭が神葬祭を行っている地域も見られます。こうしたところでは神社が管理する霊園がありますが、そのなかに建てられたお墓のことを奥都城と呼んで仏教とは区別しています。墓石の形状などはそれほど仏教とは大きな違いがないものの、表面に刻む文字はあくまでも奥都城であって、お墓参りをするのにも線香ではなく玉串を捧げるなどの特徴があります。公設の霊園であればともかくとして、神社が管理している霊園そのものも少ないため、場所の選定の部分でも入念にリサーチしておくことが必要です。

十字架を用いたキリスト教形式のお墓もある

キリスト教は江戸時代に禁教令が徹底されたため、九州などでまれに昔のキリシタン墓が発掘されることはあるものの、わが国では基本的には明治時代に禁教令が解除されて以降に盛んになったと考えるのが妥当です。そのため仏教に比べれば信教人口は少ないといえますが、墓石はやはり特徴的で、ほかの宗教とは大きく異なっています。一般的な墓石を利用する場合にも横長の洋風のものが好まれ、表面に十字架のマークを刻むことがあります。特注で十字架そのものや十字架を刻んだ石棺のような形状にすることもあります。また表面に刻まれる文言も聖書の一節が引用されるところなども特徴的です。霊園を選ぶ場合は公設などの宗教を問わずに受け入れをしているところを探すのが適当といえます。

まとめ

お墓は仏教・神道・キリスト教といった宗教や仏教のなかの宗派の違いによって、さまざまな特徴が見られます。表面に刻む南無阿弥陀仏や南無妙法蓮華経などの特徴的な文言のほか、五輪塔などの付属物を建てるかどうか、十字架のような特殊な形状を用いるかどうかなどは、それぞれの違いに応じたものですので、事前に確認をしておくことが重要です。また市町村の公設霊園は一般には宗教や宗派は問いませんが、それ以外の霊園のなかには特定の宗教や宗派に限定しているところがあります。はじめから公設霊園に絞って探す選択肢もあるいっぽう、宗教や宗派の条件を踏まえた上で、特定の寺院や神社に依頼することも可能です。こうした細かなルールを知っておけば、霊園を選んでお墓を建てる手続きもよりスムーズになります。

無料資料請求はこちら お急ぎの方はこちら