抽選になるほど人気の納骨堂も? 納骨堂を選ぶときのポイント!

現代に抱える問題では少子高齢化、核家族化などが挙げられますが、これが従来の先祖代々のお墓を継続していくことに影響しています。お墓の継承者がいない、管理や供養、掃除などをする子孫がいない、お墓が遠方でお墓参りに行くのが難しいなどということに繋がるからです。こうした状況から、近年では特に都心で納骨堂の人気が高まっています。先祖代々のお墓という従来の概念にとらわれることなく、自分のライフスタイルに合ったお墓を求める人が増えているということになります。新たな現代の風潮に合ったお墓の形として納骨堂を選ぶ方が増えているのです。納骨堂にはメリットがとても多いのが特徴です。選び方としても多くの情報を得て自分の目で確かめる方も多いです。

納骨堂の定義について

納骨堂とは故人や夫婦という様々な単位で遺骨を収容する室内の建物です。各親族ごとに土に還るという概念ではなく、一つの建物の中に多くの人の遺骨を収納するという、建物でいえばマンションのような感覚のお墓です。元々納骨堂は昔から存在する物でしたが、当時はお墓を建てるまでの一時的な保管場所ということで使用されているものでした。現代ではお墓の代わりとして永代に渡って利用できる施設というものに変わっています。従来のお墓は維持管理してく子孫が必要でありましたが、現代の人たちの環境や状況の変化に伴いお墓の在り方の考え方も多様化し、納骨堂が普及しているのです。特に都心ではお墓を購入することや維持することに大きなお金が必要になります。選び方として都心でもお墓を持てるといった考えから、納骨堂を選ぶということが多いのです。

納骨堂のメリットについて

まず、前述したように費用の負担が少なくて済むことが挙げられます。子孫に余計な負担はかけたくないと自ら希望して生前に予約をしている方も多いです。また、納骨堂は室内なので汚れる心配がありません。お墓の掃除は体力や時間がかかります。特に高齢になると、その負担はとても大きいものです。お墓参りに足が遠のくという現代の風潮もこのお墓の管理をする大変さがあるのです。室内のお墓なら雨や風の心配が要りません。掃除の手間がない事に加え、お参りする子孫が天候や季節に関係なく好きな時にお参りできるというのも良い点です。更に納骨堂は交通の便が良いところに建てられていることも多いのです。選び方として利便性が良いのでお参りしやすく、気軽に立ち寄ることも可能なところが良いと言えます。

様々なタイプの中で人気なのは

納骨堂にはいくつかのタイプがありますが、その中でも多くの人に人気があるのが仏壇式です。 仏壇式は上段が仏壇になっていて、下部が骨壺を収納するスペースとして使用されるのが一般的です。納骨堂の特徴であるたくさんの遺骨が並んでいる状態の中でも個別感が強く、ゆったりとした空間になります。 スペースがあることで故人の思い出の品や写真を飾ることもでき、お参りの際にはその故人に対しての心のこもったお参りができるのが良さなのです。 遺骨を収納するスペースも広いことで実際のお墓と同様に代々に渡って使用することが出来ることや、故人を偲ぶには十分なお墓ということが仏壇式の魅力です。その他ロッカー式、機械式などコンパクトでカジュアルなものも現代にはマッチしています。

まとめ

納骨堂の選び方としては口コミなどの情報もとても役に立ちます。そしてランキング上位に入るのはやはり交通便の良い場所にあること、そして管理の行き届いているということが大きいです。選び方としてまず場所から入る方が多く、生前に自ら足を運んで見学し自分の永遠の眠りの場所をしっかりと吟味するという方が増えています。人気の納骨堂は予約待ちといったこともあります。まだ若い40代くらいから考え始めて様々な場所に出向き予約をしておくというのも珍しくなくなっている状況です。清潔が保たれ、傷まない、子孫の維持管理に負担がかからない、費用面での安心感などからこういった室内のお墓の人気は急上昇しています。

無料資料請求はこちら お急ぎの方はこちら