骨壺のサイズも違う? 納骨堂に納める骨壷の選び方や位牌の意味とは

一般的に四十九日の法要後(百日法要後・一周忌後の場合もあり)と合わせて故人のお骨を墓地や納骨堂に納骨します(地域によっては葬儀後すぐという地域もあります)。最近では核家族化や少子化問題で墓地にお骨をおさめる事が出来ないケースも増え、また経済的な事情もあって納骨堂を利用される方が増えています。そういった中、納骨堂におさめる骨壷のサイズ・種類について知りたいという方や、選ぶ際のポイント、そしてお位牌を置く意味を知りたいという方も多いようです。なおサイズに関してはお骨上げで拾う骨の種類も異なっていたり、西日本は分骨の習慣も根付いていたりと色々な要因で西日本・東日本で地域差があります。

納骨堂に収める骨壷のサイズ

骨壷のサイズには二寸から尺寸まで9種類もあり、一般的に納骨堂に使われるサイズは7寸という直径21.7センチ・高さ29センチ寸法のタイプを利用します。このタイプは身長180センチ以下の方ならばだいたい納まりますので使用している地域が多いという事ですが、最近は180センチ以上の方も増えその場合は8寸サイズを使用します。ただし、西日本では分骨の習慣や墓地の狭さからか、お骨上げの際に全ての骨を拾わず脚・腰・胸・腕・喉仏・頭といった主だった部分だけを骨壷に収めるため3寸から5寸サイズの東日本より一回り小さいタイプを使用する事が一般的です(関東は全収骨・関西は一部収骨と呼ばれます)。さらに浄土真宗を信仰している方が多い為、喉仏のみ本山に納骨する為小さなサイズでも十分に間に合うようです。

納骨堂へ納める骨壷の種類と選び方

最近はデザイン性が高い骨壷も多くなっていますが、納骨堂に収める場合オーソドックスなタイプとしては白切立・白並タイプがあり、この2つのタイプの違いは切立の方が蓋が外にはめ込まれる為、湿気がこもりにくいという違いがあります。なお納骨堂はロッカー式・仏壇型・自動搬送式(屋内墓地型)が代表的な形ですが、ロッカー式を使用される場合は蓋の部分に取っ手や飾りがついたり、装飾がついているタイプですとスペース的に入りにくい場合もありますのでオーソドックスなタイプを選んだ方が良いです。ちなみに、近頃流行りの「自然に還す骨壷」というのがありますが、こちらは湿気を吸ってお墓の中で土に還す為の物なので納骨堂で使用する事はできませんので要注意です。

お位牌の意味と置く場所

お位牌には葬儀から四十九日まで用いられる白木のもの、そしてそれ以降用いられる本位牌があります。本位牌は一般的に自宅の仏壇に置き、故人をお祀りする事を意味としています。ただし納骨堂を使用する場合は仏壇タイプはもちろんですが位牌タイプの納骨堂の場合も内仏様の周りに位牌を安置出来るようになってます。ちなみにロッカー式や合祀・永代供養では故人スペースがなく置く事ができませんので注意しましょう。なお位牌はいくつあっても良いとされる場合と、宗派によっては持たなくても良いという場合、または納骨堂か仏壇のどちらかに安置など色々な方法があります。もしわからない事があるならばご自分の宗派の寺院に相談される事をお勧めします。

まとめ

納骨堂は少子高齢化が進み代々故人を供養できなかったり、子供がいなくて将来お墓の管理ができない家庭においてこれからますます需要が増えて来るはずです。さらに都市部では地価の高騰やお墓を建てる敷地が無いといった理由からも納骨堂が必須になってくるでしょう。今の所運営元は寺院・公営(自治体)・民営(宗教法人・財団法人・社団法人など)で、費用はロッカー式で15万円から20万円・仏壇式で30万円ほどとお墓を購入する費用の約三分の一で使用出来ます。なお寺院が運営する場合はその檀家さんや宗派の方が対象となり、公営の場合は多くが仏教形式ですが神道形式も存在します。また民営の場合は宗教や宗派関係なく使用できるようになっています。

無料資料請求はこちら お急ぎの方はこちら