口コミからわかる! 納骨堂の種類別メリット・デメリット

昨今、就活ならぬ終活と称して自ら亡くなったときのことを準備する人が増えてきています。そんな終活に欠かせないのが、荼毘に付した遺骨をどうするかでしょう。この問題に取り組むにあたって、納骨堂という言葉がよく聞かれるようになってきました。お墓は作らず、あるいはお墓を手仕舞ってしまって子供に負担をかけないようにしてから、自分の遺骨は納骨堂に預けて供養してもらおうという考え方にメリットを感じる人が増えてきているのです。 親世代と子供世代が一緒に暮らすことが少なくなった今の時代だからこそ、遺骨になってからも子供の世話にはなりたくないと考えたり、子供の負担をできるだけ減らそうという親心が見えてきます。

納骨堂とはどのようなものか

実際に納骨堂にお骨を預けた人の印象の口コミとして最も多いのが、いわゆるお骨のマンションといった雰囲気だったという感想です。お墓は先祖代々、その家の家族が連綿と同じところに埋葬されることから一戸建てに例えられるのに対し、多くの遺骨が並べられているその様子はまさにマンションという例えにぴったりです。 そもそも納骨堂という場所は戦前からありましたが、その用途はお墓を立てるまでの間、遺骨を保管しておいてもらいたいということでした。それが今はお墓を買う予定はないし、いつまで預けるかというよりは、ずっとお願いしたいという気持ちで探す人が断然多いということが、口コミからもわかります。最終的には永代供養をしてもらえるところもメリットだという考えが、一般的になっているからです。

単に預かるだけでないところもある

単にお骨をお預かりしておきますという納骨堂もあれば、永代供養をしてもらうためにスペースを買い、インドア墓地のようにして納骨しておくタイプの納骨堂もあります。むしろ、昨今は後者のタイプが増えてきているほどです。それというのも子供世代が転勤族の場合、いずれは生まれ育った街に帰ってきてお墓を建てることになるかもしれないけれど、それまでの間、ただ納骨堂にお骨を納めておくだけでは申し訳ないからと、コインロッカーのようなスペースではあるもののお鈴やろうそく、線香立てなどを備えた弔うことができるタイプを買う人が非常に多くなっているからです。これなら、いつかはお墓を建ててお骨を土に返すこともできますし、最終的にお墓は建てないという選択をした場合には、合同供養で土に返して永代供養をしてもらうことになります。

メリットとデメリットを考えてみる

今や少子化によって、親世代の面倒を見る子供は一人だけという家庭が珍しくありません。兄弟姉妹がいないために頼る人もおらず、その子供に亡くなったあとのお墓の面倒を一人で見るようにというのは酷でしょう。女の子であればお嫁に行ってしまって家が途絶えることになりますので、インドア墓地の納骨堂をあらかじめ購入しておき、先祖代々の墓は手仕舞っておこうという考え方も理解できます。 納骨堂を兼ねた室内墓地の購入に関しては、区画の購入費用だけでずっと永代供養をしてくれるというところであれば金銭的負担が少なくてメリットと感じられますが、購入するにあたってまとまったお金が必要な上に、供養費が毎年発生するとなると金銭的負担がデメリットとなってくることから、吟味して選ぶことが大事です。

まとめ

お墓を手仕舞ってインドア墓地を買って納骨堂とし、いずれは永代供養を頼むという人が増えてきたことが口コミでよく知られるようになりました。インドア墓地を購入すれば、あとの永代供養料は一切かからないため、安心して遺骨を預けられるとしてメリットが大きかったと感じている人がいる一方で、永代供養料が別途定期的に発生したり、一定年月が経過すると合同供養費に遺骨が埋葬されるといったところもあるなどデメリットと感じられるところもあります。 口コミから評判の良いところはどこかを調べることによって比較検討がしやすくなりますし、できればデメリットが多いという芳しくない評判のところは避けることで、後々のトラブルを回避できます。

無料資料請求はこちら お急ぎの方はこちら