納骨堂のデザインはどんなものがあるの? 最新の納骨堂のタイプについて

近年の少子高齢化、核家族化によるお墓の承継者不足や、お墓の管理者の高齢化による参拝の利便性への需要の高まりを背景に、先祖代々の墓という従来型の墓地への納骨ではなく、納骨堂への納骨といった室内型、都市型の納骨形態への変化が見られるようになりました。 納骨堂とは、個人、夫婦といったさまざまな単位で遺骨を収蔵できる納骨施設のことを指します。一般的に参拝が天候に左右されないように室内に設置されることが多く、また一つの建物の中に多くの納骨場所が設けられています。 納骨堂の管理としては、ある一定の回忌までなどと安置期間を契約の際に定め、期間終了後は永代供養墓などに合祀するケースが増えています。

納骨堂のデザインはどのようなものがあるの?

納骨堂にはさまざまなデザインがあり、仏壇型、ロッカー型、墓石型、コンピューター制御型といったものがあります。 仏壇型とは霊廟型とも呼ばれるもので、仏壇が並んだようなデザインのものです。ロッカー型とは骨壷を収めるための棚がまさにロッカーのように並んだ形態をしています。墓石型とは従来の霊園が室内にあるようなイメージで建物の中にたくさんのお墓が設けられた形態です。コンピュータ制御型は自動搬送式とも呼ばれ、IDカードを機械に通し、タッチパネル等で遺骨が自動的に参拝場所に運ばれるよう操作できるものです。 その中でもとりわけ最新かつユニークなデザインといわれるロッカー型とコンピューター制御型について詳しくみていきましょう。

ロッカー型納骨堂の特徴について

ロッカー型の納骨堂では、大きく分けて2種類のデザインがあり、参拝用にご本尊が設置されたタイプと納骨壇を開いて参拝するタイプがあります。以前は駅のコインロッカーのようなシンプルなデザインのものが主流でしたが、最近ではデザインやバリエーションが増えており、豪華なデザインのものや扉の中が仏壇のようになっているものも見られます。 ロッカー式の納骨堂のメリットは、そのシンプルな形態から他の納骨堂よりも比較的安価に設置できる点が挙げられます。ただし、コインロッカーのようなイメージであることから人によっては敬遠されることもあったり、またロッカーという小さい規模の納骨堂であることから供養物を置くスペースがない点がデメリットといえます。

コンピューター制御型の納骨堂について

現在もっとも最新の納骨堂といえば、やはりコンピューター制御型の納骨堂です。このタイプは墓地の用地不足やアクセスの利便性から増加しており、ICカードやタッチパネルで操作すれば参拝スペースにお墓が搬送されてくるという最新技術を駆使した機械式のものです。建物内では骨壷が地上だけでなく地下にも収蔵されており、高密度に遺骨を補完することで土地の有効利用を実現しています。また、搬送は物流システムのノウハウを活かし、電動機械によって自動化されており、速やかに搬送され、無人対応も可能となっています。建物内で個別の参拝ブースが設けられていたり、休憩スペースなどが設けられていることもあり、落ち着いた参拝ができる点がメリットといえます。ただし、機械が故障した場合には参拝できないというデメリットもあります。

まとめ

以上見てきたように、お墓の参拝のあり方は時代背景とともにどんどん多様化してきており、それぞれのニーズにあわせて選択できるようになってきています。納骨堂にはさまざまなデザインのものが生まれており、その技術の進歩はめまぐるしいものがあり、我々の利便性もますます高くなっていくことが期待できます。 しかし、納骨形態によってメリットがある反面デメリットもあり、また、親族内でもお墓に対する価値観もさまざまであると思われるので、どのような納骨形態を選択するかは一概に決められないものでもあります。またかかる費用も納骨形態によって異なってくるため、予算との兼ね合いもあると思われます。親族の方々と納骨のあり方について本稿を一つの参考にして話し合ってみてはいかがでしょうか。

無料資料請求はこちら お急ぎの方はこちら