納骨堂で合葬はできるの? 納骨堂の人数に関する疑問

先祖代々の墓に夫婦で入り、子供や孫達が管理し守り続けていく、そんな従来の形は薄れてきています。そんな中で、お墓自体を持たないで自然に帰ろうという散骨や樹木葬を行う方たちもいますが、今注目を集めるのが納骨堂です。どういった葬儀の形態なのでしょうか。どのような特徴やメリットを持つのかを、見ていきましょう。 少子化も進む中、そのお墓を本当に守り続けなければならないのでしょうか。経済面や精神的にも負担が大きいのであれば、先祖代々の墓を見守ることが当たり前と思わず、違った形を考えてみるのもいいものです。残される子どもたちのために、自分の代で終わらせるということだってできます。

納骨堂とはどういうものか

従来のお墓が一戸建てとすると納骨堂はマンションのようなものです。そのお墓の中に合同で入れられるのです。合同墓・合葬墓とも言います。 管理するのは寺院や自治体・宗教法人・財団法人などです。両家だけでなく、生前にまったく付き合いの無かったような赤の他人も同じくそこにはいます。合葬・すなわち合わせて埋葬し、合祀・すなわち合わせて祀るのです。 一度、合葬を行ってしまうとそこから身内の骨だけを取り出すことは不可能です。そこは唯一のデメリットと言えるものの、少子化で核家族化した現代人にとっては納骨堂での合葬はメリットがたくさんあります。 そのため、元々はお墓を建てるまでの一時預かり所でしかなかった納骨堂が注目を浴びるようになったのです。

納骨堂を利用するメリットとは

納骨堂での合葬をしてしまえば、あとはお寺などが管理してくれます。先祖代々の墓というと大抵は、田舎の不便な場所にあるものです。都会に出てしまった若者や、年齢を重ねて足腰が弱った年寄りにとって、その場所に行くだけでも大変なのです。一方の納骨堂は交通アクセスの便利なところを選べばいつでもお参りに来れます。もしも自身の代で途絶えてしまっても無縁墓になることはなく、ずっと面倒を見てもらえるのです。 土地代が高くなっていることもあり、新しくお墓を建てたりするためのお金もかなりのものです。合葬は永代供養とも言われ、将来に渡ってずっと供養してもらうことができるのですが、それでいてお墓を建てるよりももっと安いお値段でお願いできます。

増加すればいくらでも収容できます

人間1人はそれなりの大きさですが、焼いて骨にしてしまうと小さなつぼ一つに納まるサイズになってしまいます。 たとえばロッカータイプの納骨堂の場合、それほどの土地を必要とせず何体もの遺骨を納めることができるのです。 もちろん、いつかはスペースに限りも出てきますが、その場合にはロッカーを追加したり建物自体を増設すればまた何体も置くことができるようになるでしょう。 一軒屋である従来のお墓に入ることができるのはほんのわずかですが、納骨堂はその何倍もの数を収納できる、まさにマンションのようなものなのです。 共用の参拝スペースに花を持ち寄って線香を上げることができますし、彼岸などには定期的に合同供養を行ってくれるところもあります。

まとめ

一度、他の骨と一緒になってしまうと後戻りはできないため、よく考えなければなりませんが、お墓の管理やお値段に頭を悩ますくらいなら納骨堂についても考えてみませんか。その数はどんどん増えてきているため、元気なうちは何度もお参りしやすい良い立地の場所にも見つけ出すことができるはずです。 その多くは宗派は不問です。誰でも入ることができ、いつまでもあなたのご先祖様を祀っていてもらえるのです。草ボウボウのお墓に入っているよりも多くの人々といられる分、ご先祖様も幸せかもしれません。 ただし、ロッカーに入れられることを不快に思う方も少なくは無いので、親戚一同よく話し合いをして決めましょう。

無料資料請求はこちら お急ぎの方はこちら