納骨堂に遺骨を納めた場合の仏壇や仏具は必要ない?

昨今、遺骨を納めるのはお墓という考え方は崩れつつあり、むしろマンションやコインロッカーのような納骨堂に遺骨を納めたいと考える人が増えてきました。その理由の最たるものは少子化で、子供が一人しかいない場合など、お墓の維持管理の負担をかけたくないという親が多くなっているのです。 さらにたった一人の子供が女の子であればいつかはお嫁に行くと考えるのが妥当なことから、子供がいる間はお墓参りをしてくれるとしても、孫やひ孫までがお墓参りをしてくれるとは到底思えません。そのため、子供が女の子であったり、仮に男の子であっても今の時代は転勤族になる可能性も高いことからお墓での供養はやめてほしいという遺言も増えています。

注目された結果だけタイプもいろいろ

お寺側としては、お墓をたてる人よりもすでにあったお墓を廃墓したいという要望が増えてきているため、墓地区画の買い手がどんどん減っていることが切実な悩みです。その反面、室内で供養できるかどうかに関する問い合わせが増えてきていることから、新たに納骨堂を増やすお寺も出てきているほどです。 そのタイプはお寺によってさまざまで、お鈴にろうそく立てと線香立てといった仏具が置けるだけのスペースが精一杯といった、コインロッカーのような小さな区画をいくつも用意したタイプもあれば、ある程度見栄えのする仏壇式の納骨堂を用意しているところもあります。 仏壇式タイプの納骨堂であれば、当然お位牌などの仏具もたくさん置くだけのスペースが取れますので、室内でもしっかりと弔いたい人はそれに適したお寺を探す必要があります。

最小限の仏具があればいいという人

家に仏壇があるので、遺骨を納めておく納骨堂には小さめのお鈴その他の仏具があり、お参りの時にわざわざ持って行かなくて済むなら、あまりたくさん置きたくないという考えの人もいるでしょう。子供は女の子だけで、いずれは夫婦二人だけの遺骨が並ぶ納骨堂なのであれば、仏壇もいらないという人も多いのではないでしょうか。 かつてはどこの家にもあった仏壇がないという家が多くなっていますが、それは実家にあって本家や親が守ってくれるものであるという認識が子供世代にあるからです。そうなると、親世代が暮らしていた家を子供世代が必要としない場合、仏壇も一緒に片付けてしまうということはあり得ます。もしそうだとしても、親世代には最小限の仏具を備えた納骨堂で十分という考え方の人がほとんどです。

仏壇式の立派なところも登場

納骨堂を用意しているお寺によっては、最初から仏壇を設置した仏壇式の納骨堂になっているところもあります。たとえ親の遺骨を納骨堂に納めて永代供養してもらうことにしたとしても、せめて自分が生きている間は親の遺骨に手を合わせる際には、きちんとした仏壇の前で手を合わせたいと考える子世代もいるでしょう。 親世代が生きている間に子世代も一緒になってどこに遺骨を安置し、その後の供養をどうするかを話し合っておくのが一番よい方法です。その話し合いの中でそれぞれの希望を出し、結果的に最小限の仏具だけでよしとするか、家に仏壇は作らないけれども仏壇式の納骨堂を選んできちんとお参りするかどうか、子世代なりに考えられるようにしておくのも親として大事なことです。

まとめ

既存のお墓を廃墓し、納骨堂で弔ってほしいと考える親世代が増えた少子化の今、納骨堂の種類もさまざまなものが登場しています。ごく小さなスペースで、小さいサイズの仏具でもってお参りするだけで良しとするのか、それとも子供世代の家に仏壇を作らない代わりに納骨堂は仏壇式の立派なものにするかは、親と子でよく話し合って決めることが大事です。 ともすれば終活は親の考えが前面に出てきて、子はその考えを尊重するというスタイルになりがちですが、仏様となった両親の遺骨を前にお参りするとなれば子供も無関心ではいられません。一緒になって考え、親も子も納得できる供養につながる納骨堂を探すことが求められます。

無料資料請求はこちら お急ぎの方はこちら