納骨堂とお墓を比較、あなたに合った供養のかたち

古来から故人を祀るための場所としてお墓を風習とする考え方が日本人にはありました。しかし、現代ではライフスタイルや価値観の多様化から、生まれた地で一生を過ごすという人は少なくなってきています。そのため、新たな形として納骨堂に遺骨を納めることを選択する人も増えてきているのです。 どっちの方法が合った供養の形なのかは、違いを比較して理解することから始まります。さらに、それぞれには考えられるメリットとデメリットがあるのです。また、それは本人か、残される家族や親族なのかによっても印象は変わってきます。特徴を理解した上で、環境や将来性を考えて答えを出す必要があると言えるでしょう。

納骨堂のメリットとデメリット

納骨堂は遺骨を納める専用のお堂のことです。最大の特徴は共有のスペースで管理することが多いということです。納骨堂としてタイプも様々な種類があり、ロッカー式や仏壇式のものから指定番号を入力すると墓石が現れるハイテクなものまであります。 納骨堂のメリットは特徴にもあるように、共有スペースのため墓地や墓石を購入する必要がなく、費用を抑えることが可能な点です。また、室内に保管されているため雨の日などの天候が悪い日でもお参りしやすく、雨風にさらされることもないため掃除の心配もありません。 納骨堂のデメリットは個別性がないことや墓守の心配がない反面、一定期間を過ぎると合祀されてしまうことをマイナスに捉える人もいます。

お墓のメリットとデメリット

お墓は故人の遺骨を納め、祀るために存在する墓石を建てた場所です。日本は古くから一族の習慣としてお墓に入ることが一般的と考えられていました。最近では一族に限らず、夫婦やペットなど様々な形態も受け入れられてきています。 お墓のメリットは個別の故人を祀る場所を持つことができ、遺骨を土にかえしてあげることで安らかに眠ってもらうといった安心感があることです。また、野外にあるため自由にお参りできることもメリットのひとつだと言えるでしょう。 デメリットは墓地と墓石の費用が必要になるため高価になることが多いです。野外に据えられていることで掃除も必要になります。継承者がいなくなってしまった場合は、墓石の撤去などの対応も考えなければいけません。費用や手間の負担が大きいものだと言えるでしょう。

納骨堂とお墓はどっちが良いか

納骨堂とお墓を比較してどちらが優れているのかを考えても、答えを出すのは難しいでしょう。その理由は、それぞれにメリットとデメリットがあるからです。納骨堂の場合は費用を抑えることや、管理のしやすさ、墓守の心配などが解消されます。しかし、日本古来からのしきたりや先祖への供養を代々受け継いできた人にとっては、納骨堂は避けたいと考えるのも自然なことです。ただ、生まれた場所に骨を埋めると言うような考えに対応することが難しい環境にある人もいるでしょう。故郷から離れた場所で新たな生活を送ることも珍しくありません。手入れや参拝ができないのであれば、利便性の高い場所に遺骨を安置することも悪くはない選択肢です。どっちを選択するのかは、家族でよく話し合うことが大切です。

まとめ

納骨堂は現代に合った供養の形とも考えることができます。しかし、それは残された人にとっての考えとも言えるのです。納骨堂とお墓の特徴をよく理解した上で家族や親族、そして本人の気持ちをお互いに尊重した方法を考える必要があります。特に代々ご先祖様を祀ってきた一族のお墓であれば、思い入れは強くなるでしょう。納骨堂と言うと、これまでは一時的な遺骨の安置場所として捉えられてきたこともあって、軽んじられていると感じる人もいるのです。料金などの価格面だけでなく、墓参りがしやすいことで気持ちを近くに置けると言ったメリットもあることを分かってもらうようにしましょう。最後は気持ちに折り合いをつけて歩みよることで、心の休まる供養の形が見つかります。

無料資料請求はこちら お急ぎの方はこちら