普通のお墓とは違うの? 納骨堂の墓じまいや移動の方法など

納骨堂に納めている遺骨を他の場所に移動するには、どのような方法で行うのか疑問に思っている方も多いことでしょう。墓じまいや改葬など遺骨を他の場所に移動させる理由はさまざまですが、安心して納骨堂から遺骨を移動させるためには、適切な方法を知っておくことが何よりも大切です。 お墓や納骨堂が自宅から遠方にあるので墓じまいをしたいといった悩みや、諸事情によりお墓の管理が難しくなったなどの悩みもあるのではないでしょうか。 もし、このような悩みを抱えているのであれば、正しい墓じまいや遺骨の移動方法などを知り、納骨堂やお墓から遺骨の移動を行ってみることをおすすめします。 正しい方法を知れば不安な気持ちを解消した上で実践できます。

改葬する方も増えています。

納骨堂やお墓などから遺骨を他の場所に移すことを改葬と言います。改葬を行う理由は人によって様々ですが、遺骨を移動する方法は、基本的に4つあります。 まず、遺骨と石碑を一緒に移動する方法です。 遺骨と石碑を一緒に移動させる際には、事前に改葬先に連絡し石碑を持ち込むことができるのかを確認しましょう。石碑のサイズを伝え合うかどうかを事前に確認することも大切です。 さらに遺骨全てを移動する場合は、石碑は新しいものを用意しなければいけません。 また、この他にも遺骨の一部を移動したり分骨することも可能です。 分骨する際には、火葬場から事前に分骨証明書を発行してもらわなければいけません。 事前にきちんと確認しトラブルのないように注意しましょう。

改葬を行う際の手続き方法

改葬を行う際には、事前に手続きを行わなければいけません。 地域によって手続き方法には違いがあるので、事前に自治体などに確認してみることをおすすめします。 変更する墓地や霊園を決めたら受入証明書を発行してもらいます。 その後、改葬許可申請書を提出して管理者から署名捺印をもらわなければいけません。 さらに遺骨を取り出し供養や法要を行い、現在の墓地を更地にします。 申請書や許可証は、遺骨1体につき1枚必要になるので注意しましょう。 移動にかかる費用は、墓地の大きさによって異なります。 また、移動距離などでも費用に大きな差があるので、費用で悩むことがないように事前に石材店に問い合わせて確認してみることをおすすめします。

お墓を閉鎖したり返却するには

墓じまいとは、遺骨を取り出してお墓を更地にすることです。寺院など墓の管理者に相談し、役所で手続きをすると墓じまいを行うことができます。 墓じまいを行った後は、石材店に更地にしてもらいます。 お墓から取り出した遺骨は、新たにお墓を作らずに散骨する方も少なくはありません。 墓じまいを行い散骨する場合は、使用していた墓地を更地にして返還する方がほとんどです。 また、墓地管理者に返却する方もいます。 お墓を返還する際には、受入証明書や埋葬証明書などが必要です。 提出に掛かる費用は、数百円からとなっており自治体によって違いがあります。 行政の手続きが必要になるため、行政書士など専門家へ依頼すると安心して進めることができます.

まとめ

納骨堂にある遺骨を移動させるのは大変なのではないかと思っている方が大半かもしれません。 確かに一人で納骨堂から遺骨を移動させることは困難です。 また、最近ではプロの専門家に相談する方も増えています。 必要な手続きや許可証などを申請するための作業を行政書士などに依頼することもできます。 墓じまいに必要な受入証明書や埋葬証明書などの手続きが心配という方は、プロの専門家に相談してみるといいでしょう。 石材店に相談すれば、墓石の処分も行ってくれるので、安心して任せることができます。

無料資料請求はこちら お急ぎの方はこちら