檀家にならなきゃダメ? お墓に入れる人、入れない人の違い

既に先祖代々のお墓があるという方であれば心配することのない問題ですが、新たに建立しようとしている方にとっては、お寺の「檀家さん」になる必要があるかどうかはきわめて重要な問題です。 墓地にはお寺が管理している場所の他に、市町村などの地方公共団体が管理している公共の墓地もありますのでケースによって「入れるか入れないか」の判断はわかれます。もちろんスムーズにお墓に入れるようにするための近道としては、檀家となって優先的に墓地のスペースをお寺に提供してもらうという方法があります。身近に近くのお寺の檀家となっている人がいれば、まずはその人に問い合わせてみるということがおすすめです。

お墓に入れるかどうかはお寺の判断による場合が多い

檀家というのは、そのお寺のお坊さんが定期的に訪れて命日やお盆、お彼岸などに供養を行ってくれる家のことを示します。お寺には多くの宗派がありますが、日本の多くの地域の場合は、その地域にあるお寺の宗派を住民の方が信仰しているというケースが多いものです。お寺が複数ある場合には自分で檀家となるお寺を選ぶこともできます。 檀家となるメリットは、万が一の時にもすぐに対応してもらえるという安心感があること、お墓に優先的に入れるという「権利」を得られるということです。定期的にお布施として一定の金額を納めるという必要がありますが、それによってお墓をしっかりと管理してもらえるという管理料と考えることもできます。またお墓の継承などの手続きもスムーズにいくという点も良いでしょう。

市民墓地などは抽選となるケースが多い

特定の宗派にこだわりのないという方、無宗教の方などには檀家となるメリットはそれほど多くは感じられないということも事実です。最近は葬儀業者の方ですべての手続きなどを手配してくれるというサービスも充実しており、お墓の作り方などもサポートしてくれる事業も主流となっています。 お寺を介さないというスタイルの葬儀も珍しいものではなく、形式的に葬儀の場においてのみ読経を依頼するという、いわば「ゲスト住職」のような事業を実施しているお寺もあります。 特に都市部においては宗教色の薄い市民墓地が人気となっており、区画を購入する場合には抽選での取り扱いということも見られます。無事に購入ができれば、何の問題もなく入れるということとなります。

入れる人のポイントとは

入れるかどうかを判断する基準としては、「既にお墓があるかどうか」いうことになります。ただし、それが自分の本家のものであるということが条件(地域によって異なります)となり、自分が本家の人間ではなく分家であれば、新たに建立をしてそこから自分の子孫に引き継ぎをしていくというスタイルが標準的でしょう。 比較的区画に余裕のある公共墓地が身近にあるという方であれば、基本的に建立することで入れますのであまり心配は必要ではありませんが、地方によってはお寺の檀家となっていたほうが、さまざまな地域との繋がりという観点から有利となるケースも少なくありません。継承していくにはある程度の管理費としての負担金も必要になりますので、よく検討しましょう。

まとめ

お墓の問題は高齢化社会の進展や、核家族化の進行などで大きな転換点を迎えていると言えます。日本人の価値観も大きく変わり、こだわりを持たずに自分の自由なスタイルを考えているという人も多いでしょう。地域社会におけるお寺の存在もその意味合いが変わりつつあります。 重要なのは、入れるか入れないかという問題だけではなく、自分や家族にとって何が最も良い供養の方法であるのかを見つめ直すということです。さまざまな供養の形があり、それらを一律に良い悪いと断定することもできないというのが結論となります。 ご家族の問題としてじっくりと話し合い、最も良いと思える判断をして家族全員でのコンセンサスを得るということが必要ではないでしょうか。

無料資料請求はこちら お急ぎの方はこちら