墓じまいやお墓を返還する際の手順や費用について

近年、遠方の田舎のお墓の維持が大変であったり、少子化によりお墓の面倒を見る人がいない事態になる恐れがあるといった悩みを抱える人が増えています。男子の子供や孫がいても、精神的・経済的な負担を掛けたくないと考える人も少なくありません。 こうした事から、故郷の墓じまいをして、住まいの近くにお墓を移動させたり、永代供養の納骨堂等に遺骨を移す方が増えているのです。 しかし墓じまいを行い、遺骨を移動させるには、法律で定められた手続きを取る必要があり、また手順をしっかりと踏む事が必要となります。 勝手に遺骨を掘り出し、海に散骨する等は違法行為となるので注意が必要です。この手続き・手順について本記事で、その概要を説明・紹介したいと思います。

お墓や遺骨の移動に必要な手続き

お墓を移動させる場合には新たな霊園をまず決める必要があります。また遺骨を納骨堂等に納める場合には納骨堂等を決め、いずれの場合も契約して受入れ書を発行してもらう必要があります。 次に元のお墓の管理者に墓じまいを申し出て承諾を得て、埋葬されている先祖の埋葬証明書を発行してもらいます。 この様に改葬先の受け入れ書と、元のお墓から埋葬証明書をもらった上で、元のお墓のある自治体に出向き改葬許可書を発行してもらいます。それを新たな埋葬施設に提出する事で、改葬する事が初めて可能となるのです。 こうした手続きは、埋葬されていた遺骨を不法に処分する事がないようにするために法律で定められた手続きであり、面倒でもこの手続きをしなければ遺骨を移す事はできません。

元のお墓の権利や墓じまいに要する費用

元の墓地は一般の土地のように土地を購入して使用しているのではなく、永代使用権を購入して使用しているものです。 従ってお墓を引っ越したり、遺骨を納骨堂等に移す場合には、その時点で永代使用権は放棄する事となり、霊園やお寺に土地を返還する必要が生じます。 この返還に当たっては、墓石の除去や、区画を取り囲んでいる巻き石と呼ばれる石材も墓じまいする人が費用を負担して、撤去・整理する事が求められます。 これは石材店にお願いする事になりますが、撤去だけでも平方メート当たり20万円程度の費用が相場と言われており、けっして安くはないのです。 もちろん返還のために撤去するだけでなく、新たな霊園に再建立するなら、運送費用や建立費用とさらに費用は嵩む事になります。

社会問題化している離壇料について

墓じまいの話題と合わせて、お寺から例えば500万円と言った法外な離壇料を要求されるトラブルが増えている事がテレビ等で報道され、社会問題化した事があります。 土地を更地にして返還するのに、なぜお寺さんが高額の離壇料を要求したりするのでしょうか。これは墓じまいをする方が増え、檀家が減少してお寺の収入が減少するために、こうした要求をする例があるのです。 しかし離壇料には法律的な根拠はなく、一般的には高額を払う必要はないと言えます。ただし今までのお礼と閉眼供養に対するお布施を合わせて、10~20万円程度をお寺さんに渡すのが妥当で、お寺さんがこの程度の金額を離壇料として要求された場合には支払い、閉眼供養のお布施としては、別途3万円程度を包むのが一般的な相場と言えます。 万が一、高額の離壇料を要求された場合には、行政書士さん等に相談すると良いでしょう。

まとめ

少子化の影響もあり、故郷の先祖代々のお墓を守る事が困難な時代になっており、改葬を考える人も少なくありません。 しかしこれまで記載した通り、改葬するには手続きも煩雑で大変です。また新たな埋葬施設への支払いや、お墓の撤去して更地にして返還するための石材店への支払いや、さらにお寺さんにお礼や閉眼供養のお布施も必要で、非常に費用も掛かります。 改葬を考えたものの、その費用が嵩む事で躊躇される方も少なくありません。かと言って、放置していると、先祖は無縁仏化してしまいます。 こうした狭間で多くの人が悩みつつも、子供や孫に負担を掛けぬために、やはり自分の代で何とか処分しておきたいと、終活の一環として思い切って改葬されているのです。

無料資料請求はこちら お急ぎの方はこちら