ペット葬後、霊園には入れられる? ペットの納骨堂は存在するのか?

家族は、誰にとってもかけがえのない大切な存在です。家族がいるからこそ安心して生きていくことが出来る、辛いことがあっても乗り越えることが出来る、と感じている人は非常に多いのではないでしょうか。そして家族とは人間だけをいうのではありません。近年ではペットも大切な家族の一員だという認識が広まっています。長い時間を共に過ごしてきたペットは時に人間の家族同様に大切な存在だと感じる人も多く、そんなペットを失ってしまった時はあまりの悲しみに立ち直ることが出来ないと感じる人もいるほどです。けれど悲しいことではありますが、いつかは愛するペットと永久の別れがやってきます。その際に気になるのが、ペット葬はもちろんその遺骨に関してではないでしょうか。

ペットの遺骨をどうするかは飼い主次第です

人間が亡くなればお通夜やお葬式を経て火葬場で遺体を火葬後、遺骨をお墓に納めて供養する、ということは自明の理ですが、ペットの場合はどのように遺骨を扱えばいいのか分からないという人も少なく無いでしょう。近年はペット葬も普及してきましたが、家族として一緒に過ごしてきた大切な存在だからこそ、その遺骨も大切に扱い、弔い続けたいはずです。ペットの遺骨をどうするかについては飼い主の意向次第、といってもいいほど選択肢があります。ペット葬後個人でお墓を建立して納骨したり、ペット霊園や共同墓地への埋葬や納骨堂への安置、更には遺骨を自宅に持ち帰り安置することも可能です。いずれにせよ、飼い主が心安らかにペットを偲ぶことが出来ると思う方法を選択することが大切になります。

ペット葬や法要も行ってくれる霊園もあります

ペットの遺骨をどうするかについて、やはり一番多いのが人間と同様に霊園に安置することだと思います。ペット専用の霊園も増えてきていますし、ペット葬やその後の法要も行ってくれる霊園も数多くありますので、遺骨だけではなくその後の供養に関しても安心です。飼い主の希望に合わせて墓石を建立することも出来ますし、合同供養墓に安置してもらうことも出来ます。いずれにしても管理の行き届いた場所で永遠の眠りについて貰うことが出来ますので、飼い主としては遺骨の安置場所としては非常に安心出来る場所です。人間同様に霊園には様々なタイプがあり、選択肢も豊富です。ペットが亡くなることが悲しいことですが、事前に霊園への見学や問い合わせを行っておくことも大切です。

納骨堂にも様々な種類があります

人間の遺骨を納骨堂に納めることはごく一般的なことですが、近年はペット用のものも増えてきています。一言で納骨堂といってもこれも様々なタイプがあり、合同のタイプのものもあれば個別で納骨することが出来るタイプのものもあります。個別の納骨堂では仏具など必要なものが揃えてあることがほとんどなので、自分で仏具を取りそろえる必要もなく遺骨を安置することが出来る点が魅力です。また合同の納骨堂でも棚型やコインロッカー型タイプなど、それぞれ特徴があります。霊園同様事前に見学をしておいても良いでしょうし、自宅に安置後やはり納骨堂に安置し直したいと考える場合にも一度相談してみましょう。飼い主が負担にならない納骨方法を選ぶということも大切です。

まとめ

人間の家族同様に大事な存在だからこそ、ペット葬はもちろんその後の埋葬や納骨にもこだわりたいという人は増えています。幸いにも現代はペットを家族の一員だと考える風潮が広く浸透し、ペット葬もその後の納骨も不自由なく行うことが出来る環境が整っています。霊園や納骨堂への安置して供養することも良いでしょうし、自宅に安置し死後も常に一緒にいて欲しいと願うことも良いでしょう。飼い主が後悔しない納骨や供養の仕方を選ぶことが、亡くなってしまったペットへの一番の供養になるはずです。別れは悲しいことですがいつかはやってくることなので、ペットの生前から供養や納骨について考えておくことも非常に大切だといえます。

無料資料請求はこちら お急ぎの方はこちら