無縁仏問題を解決! 納骨堂で永代供養はできるのか?

考えたくもないことですが、どんな人の命にもいつか終わりが来ます。近年は自らの死後、遺された人々に迷惑を掛けることが無いように、安心して永久の眠りにつくことが出来るように、生前から死後のための準備をしておく終活が注目を浴びています。終活の中でも特に気にする人が多いのが、お墓についての問題です。これまでは子々孫々と先祖から受け継いできたお墓を守っていくのが習慣化していましたが、核家族化や少子高齢化が急速に進んでいる現代では、お墓の守り手がいない、いなくなることが予想される、という人が非常に増えています。最早無縁問題は、現代に生きる誰しもが直面する問題だと言っても過言ではありません。

納骨堂は納骨の為の条件を確認しよう

お墓と言うと、屋外で墓石を建ててその中に遺骨を安置してある一般的なものが思い浮かびますが、納骨堂もまたお墓の一種だと言うことが出来ます。基本的に室内にありますが、棚型やコインロッカー型など様々なタイプがありますが、その中に遺骨を安置して故人を偲ぶことが出来ます。天候に左右されずにいつでも参拝することが出来ますし、料金も一般的な墓地と比較すると安価なことが多いため人気があります。墓地や墓石の管理が必要な一般的な霊園のお墓と違い、納骨堂ならば無縁仏になる心配も無いと考える人もいるかもしれませんが、後継者がいなければ安置を断るところもありますので注意が必要です。必ず事前に納骨の条件を確認しましょう。

永代供養を行ってくれる納骨堂もあります

そうは言っても無縁問題は誰しもが直面する問題だけに、やはり自らの遺骨の安置場所は事前に確保しておきたいことだと思います。納骨堂をお考えの方で将来無縁仏になることを避けたいという人は、永代供養を行ってくれる納骨堂が適しているでしょう。納骨堂によってシステムは異なっていますが、永代供養を行っている納骨堂の多くが、一定期間遺骨を安置した後は永代供養墓などに遺骨を移して合祀することが多くなっています。管理費や安置期間、供養の方法もそれぞれに異なりますので、自分が納得できる納骨堂を探しましょう。子どもや孫がいて無縁という訳では無い人でも、子孫にお墓の管理の負担を負わせたくないと考える人にも、永代供養をしてくれる納骨堂はおすすめです。

納骨堂と永代供養墓の違いとは

永代供養を行ってくれる納骨堂と永代供養墓で迷う人も多いと思いますが、どのような違いがあるのかいまいち分からないと言う人も多いと思います。まず一番の大きな違いは個別に納骨されるかそうでないかです。納骨堂は基本的に個別納骨ですので、最初から合祀されることに抵抗があると言う人には良いでしょう。ただし納骨堂は維持年間費がかかることが多いので、金銭面が気になる人は気を付けなければならない点です。あとは屋内にあるか屋外にあるかくらいですが、それぞれ霊廟ごとに特徴は異なりますので、実際に自分の目で確かめる方が確実だと言えます。いずれにせよどちらも永代に渡って霊園で供養し続けてくれますので、子孫に負担が無いことはもちろん、無縁で悩んでいる人にもうってつけです。

まとめ

お墓は死後永遠の眠りにつく、非常に大事な場所です。死んでしまったら何も分からないからどんなところでも良いと考える人は少ないでしょう。近年は終活が一般的になってきたこともあり、お墓の無縁問題は広く知られるようになってきましたが、憂いを残さず永遠の眠りにつくためにもお墓の種類や供養の仕方は生前から考えておくことが大切です。納骨堂にしても一般的なお墓にしても永代に渡って供養してくれるところが増えていますので、自らの死後の供養について不安がある人はそのようなところを選びましょう。お墓は自分だけではなく子々孫々にも関わる事ですので、子どもや孫がいる人は事前に相談しておくこともおすすめします。

無料資料請求はこちら お急ぎの方はこちら