お墓と永代供養どっちがいいの?それぞれの特徴比較

核家族化は現代における社会現象の一つです。従来は、一つの家に子供と親、両親が生活するのが一般的でした。しかし、家族は分散状態になり、それぞれが独立した形でそれぞれの家での生活を送ることになります。自分が他界した後は、子供に迷惑を掛けたくないなどの理由からも、納骨堂と呼ぶ新しいお墓を選ぶ人も少なくありません。お墓を作るとなると高額な費用が掛かりますし、寺院などの場合には檀家にならなければならない、檀家になることで子供への負担を掛けてしまうなどからも、納骨堂を希望する人が多いようです。さらに、後継ぎがいない人なども簡単に納骨が出来るため生前に準備するケースが多くなっています。

寺院墓地には宗派などがあります

お墓を作る方法にはいくつかのやり方がありますが、寺院墓地の場合には宗派に応じて利用の可否が異なります。最近は民営の霊園も登場していますが、民営の霊園の場合には宗派不問などからも、誰もがお墓を作ることが出来るメリットを持ちます。さらに、寺院墓地のように檀家になる必要がないため、子供に負担を掛けたくない人などからの注目を集めている墓地の一つです。但し、霊園の場合には費用が高額であり、予算に応じて利用が出来ないこともありますし、人気を持つなどからも抽選になっていて、抽選に漏れてしまえば他の場所を探さなければならないこともあるわけです。寺院や霊園などのお墓は先祖代々引き継がれるものですから後継ぎがいないと利用が出来ません。

寺院と霊園の違いについて

寺院はいわゆるお寺さんと呼ぶもので、宗派に応じて利用が出来る、霊園については広大な敷地の中にそれぞれの家のお墓が設けてあり、しかも近くまで車で入ることが出来るなどのメリットを持っています。年齢を重ねると足腰が弱くなる、参拝するのも大変です。近くまで車で入ることが出来る上、段差などがなく、バリアフリー構造になっているため、車椅子で生活を送っている人でも参拝することが出来るなどのメリットを持ちます。檀家になる必要がないので、子供達への負担が起こりにくいなどのメリットがありますが、後継ぎがいない場合には、無縁仏になる可能性もあり、こうした時には合祀と言う形で永代供養を行ってくれる施設が多くなっています。

浄光寺は浄土宗の寺院です

浄光寺と呼ぶ寺院は全国各地にありますが、これらはすべてが浄土宗の寺院です。東急世田谷線の上町駅から徒歩約5分の場所にある浄光寺は、文安元年(1444年)に開基したもの、文明七年(1475年)に開山と言われています。由緒ある寺院ですが、平成21年(2009年)には、既存墓地に加えて、新規墓地を造成を行い、永代供養を可能な施設になっています。ちなみに、永代供養は後継ぎがいない人々のために、寺院などが遺骨を合祀に移し、そこで長年にわたり供養をし続けるものです。最初はそれぞれのお墓に入ることになっていても、後継ぎがいないとお墓を継いでくれる人がいないですから、合祀に移して永代供養を行ってくれるわけです。

まとめ

納骨堂は子供に迷惑を掛けたくない人、子供がいないので後を継いでくれる人がいない人などが利用することが多い、比較的新しいお墓です。一定期間、専用の場所で遺骨が管理されますが、それ以降は合祀に移して永代供養を行うなどの特徴もあります。永代供養があれば、万が一誰もいなくなった時でも安心して利用が出来ると感じる人が多いのではないでしょうか。まとめ記事の中には納骨堂の種類などについての特集を行っていることもあります。ちなみに、納骨堂には機械式やロッカー式もしくは棚式、仏壇式など色々な種類があるので、特集記事を利用してどのような特徴があるのか、それぞれの利用料金などについて把握しておくのがお勧めです。

無料資料請求はこちら お急ぎの方はこちら