仏壇・仏具は処分して永代供養にする

現代は少子高齢化が進んでいますし、お子様のいない夫婦や、生涯独身を通す人も増加しています。墓石や墓地、位牌、仏壇を処分して永代供養を依頼したい人が増加しています。 お寺の僧侶に相談すると、魂、おしょうね抜きをしてくれるので、専門業者に依頼して処分をしてもらって下さい。 永代供養は17回忌や33回忌までは手厚い供養をしてもらえますし、一定期間を過ぎると合同で供養を行っています。 お寺や霊園によっては管理費や、年会費が必要になるので事前に確認をしておくと安心です。 仏壇処分を検討している人や墓じまいをしたい人はまずは僧侶に相談して下さい。 大変デリケートな悩みなので親身になってくれます。

墓地や墓石を処分したい人にアドバイス。

現代は少子、高齢化が進んでいますし、生涯独身を貫く人も増えておりお子様のいない夫婦も多いです。 先祖お墓や仏壇、位牌、墓地や墓石などを維持出来なくなり、墓じまいを検討している人が増加しています。 永代供養は後継者のいないご家庭や、実家と離れて生活をしている人がお寺に依頼することで家族に代わって読経や供養などを行います。 永代供養のメリットは無縁仏になる心配がないのでお墓や墓地、墓石などを処分しても、17回忌や33回忌まではきちんと供養をしてくれます。 一定期間が過ぎると合同で供養をしてくれるのでお墓の悩みを解消できます。 まずは信頼できる寺院に電話で予約をして納得が行くまで相談して下さい。 不安や悩みを親身に聞いてくれます。

お寺に魂抜きを依頼しましょう。

お子様などの後継者がいないご家庭や、お子様と離れて生活をしている人は仏壇処分の方法を知っておく必要があります。 仏壇には先祖の魂が宿っているため、寺院の僧侶に依頼して魂、おしょうね抜きをしてもらう必要があります。 寺院へのお布施がどれぐらい必要なのか、知っておきたい人が多いですが、1万円から、5万円前後になっています。 魂、おしょうね抜きをした後は、ただの箱になるので、仏壇仏具を取り扱っている専門業者に相談して処分をしてもらうのがお勧めです。 地方自治体などでは仏壇は回収の対象になっていない所が多いですし、ごみに出すのは抵抗を感じている人がほとんどです。 専門業者に依頼するときちんと供養をして、回収、処分をしてくれます。

年会費や管理費が必要になることもあります。

墓石や墓地などを持たれている人は、墓じまいをきちんと行ってから、永代供養に変更をしたい人が増加しています。 永代供養を依頼すると、家族に代わって寺院が供養を行ってくれるため、後継者のいないご家庭でも無縁仏にしたい人にお勧めです。 永代供養を依頼できる霊園や寺院は、年会費や管理費が必要な所もあるので、事前に確認をしておく必要があります。 仏壇や位牌をきちんと処分したい人が多いですが、永代供養を依頼する前に、僧侶に魂抜きをしてもらう必要があります。 現代は以前に比べると、寺院とのお付き合いが希薄になっていますが、地元で評判の高いお寺に相談すると親切で丁寧な応対が特徴です。 大変デリケートな悩みなので、親身になって相談に乗ってくれます。

まとめ

少子高齢化が進んでいるため、後継者がおらず墓じまいを検討している人が増加しています。 永代供養は霊園や寺院などで依頼できますが、家族に代わって供養を行ってくれます。 先祖を無縁仏にしたくない人はまずは電話で相談しましょう。 お墓や墓石、仏壇などが不要になったら、僧侶に依頼して魂、おしょうね抜きをしてもらう必要があります。 魂を抜いた墓石や位牌、仏壇などはただの物になるので、専門業者に依頼して処分をしてもらって下さい。 永代供養を依頼する時は年会費や管理費が必要になる場合もあります。 事前に確認をしておくと良いでしょう。 永代供養を依頼することで手厚い供養をしてもらえるので、安心できます。

無料資料請求はこちら お急ぎの方はこちら